2016年02月21日

マイナス金利

ども、店長です。

1月下旬の日銀政策決定会合で、日本初となる「マイナス金利」の導入が決定されましたね。

大きくニュースにもなりましたので皆さんそのことは知っておられると思いますが、そもそもマイナス金利って何?という方も多いと思います。

我々の生活にどのような影響があるのでしょう?

日銀が導入したマイナス金利を解説してみたいと思います。


まず多いのが、皆さんの預金が金利が付くどころかマイナスになるんじゃないかという誤解です。

これは今のところありえません。

まぁ昨今はゼロ金利政策で元々ほとんど預金利息は付かないような低利状況ですが、さすがに預金者の預金がマイナスになったら誰も銀行に預金をせずタンス預金(現金を所持する)してしまうので、銀行に資金が集まらなくなり金融業が立ち行かなくなってしまいます。

将来の政策次第では絶対に無いということは言えませんが、一般預金者の預金金利がゼロになることはあっても、今すぐマイナスになることは考えにくいです。


さて、今回の「マイナス金利」はあくまで日本銀行と各金融機関における金利の話です。

各金融機関は日本銀行に口座を持っており、お金を預けています。今、預けている分には、これまで通り金利は付きますが、これから新規で預ける分についてはマイナス金利(-0.1%)が適用されます。

(実はこの「今、預けている分」というのが莫大な金額で銀行にとっては大きな収入になっているので、これ以上何かするとすると、個人的には「この既存の預金分にもマイナス金利を適用する」という爆弾を予想していたりします)

するとどうなるかというと、金融機関としては、日銀に預けていると利子がつくどころか利子を支払わなくてはなりません。それなら日銀にお金を眠らせておくよりも、企業へ貸し出して金利収入を得たり、他の投資に回したりしよう、という動きになるわけです。

つまり、市場にお金を出回らせて、企業の設備投資や賃上げを後押しし、景気を刺激しようということです。


日本の金融政策は2008年のリーマンショックからゼロ金利政策を導入してきており、もう金利はこれ以上下げられないと考えられて来ました。

だから、金利はもういじれないから、量的緩和質的緩和で対策を講じてきたわけです。

どちらも市場にお金を出回らせることが目的です。

しかし、この量的質的緩和には、もう限界が来ていました。

緩和すると言っても、もう次の手が無いじゃないかという感じです。

そこで今回黒田日銀総裁が放ってきたのがマイナス金利!

そもそも、金融政策というのは、金利を動かすことが正当なやり方です。しかし、日本はゼロ金利政策と取っていた為、それ以上動かしようがないと思われていました。

黒田日銀総裁が今回マイナスの壁を破ってきたことによって、まだまだ景気回復の可能性が出てきました。

奇抜なことのように思えますし、日本で実施されるのは確かに初めてなのですが、海外ではそういった政策を取ったことのある国はあるようです。

景気が悪いのに銀行だけが国の保証する高利の預金で儲けてるなんて許せないので、庶民感情としてはざまぁ見ろ!といった感じですが、既存の預金はまだ保護されているので甘いっちゃ甘い!前出の爆弾をちらつかせて金融機関の尻を叩くという意味合いもあるんじゃないかと思います。

ちなみに収益性という見ると、銀行や保険業者には悪影響を与える今回のマイナス金利政策ですが、我々不動産業者や建築業者、旅行業者には好影響です。

例えば、住宅ローンの金利が下がりますので、住宅ローンを組みやすくなり、不動産取引が活発になりますね。

実際に新生銀行が住宅ローンの引き下げを発表しました。現在も、多くの銀行が住宅ローンの引き下げを検討しているようです。

また、建売業者やマンションデベロッパーも事業資金の借入がしやすくなるので、売り物件も増えると思われます。


ただ残念なことに、このタイミングで「愚者の税制」とか「最悪の税制」と、有識者の間では言われている消費税が、さらに増税となるので、せっかくのマイナス金利政策の効果を下げてしまったり、相殺してしまうんじゃないかと心配してますが、税政策に関しては日銀の担当では無いので黒田総裁には責任はありません。

日銀は物価上昇率2%の目標を、2016年後半から2017年前半へ後倒ししました。黒田総裁は、この目標をなんとしてでも達成しようという、強い意志をお持ちのように思えます。今後が非常に楽しみですね。


消費税や軽減税率といった目先の税政策応が如何に先々の国家財政をダメにするのかというお話は次回に乞うご期待とするとして、政治家と財務官僚の方々には、妻の妊娠中に浮気したり、公費を私用に流用したりしてないで、黒田総裁の足を引っ張らないような税政策の検討を真面目にお願いしたいものです。


JAY


posted by どりげ岐阜スタッフ at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月14日

今後は、中古住宅や中古マンションに注目!

今年中に国会に提出されると噂されるのが、
住宅診断(インスペクション)義務化です。
義務化と言っても住宅診断実施の義務化ではなく、
住宅診断をやりますか(やっていますか)?
と確認することの義務化です。
具体的には、重要事項説明の記載事項に、
[住宅診断をおこなった建物かどうか]の1項目が
追加されるのですが、「たったこれだけ?」
と思われるかもしれませんが、この1項目で、
恐らく数年後には中古住宅の流通を大きく変える
可能性があります。

まず前提として、今の一般的な中古住宅の売買について、
簡単に解説しますと、
一般的には、現状有姿(現状のあるがままの状態で)
で引渡しをされ、もし入居直後に欠陥が発見されても、
売主が意図的に隠していた場合でなければ、
その欠陥を直す費用は買い側の負担です。

また、以前の中古住宅の売買では、
建物の経年劣化や瑕疵がある可能性を踏まえて、
建物の程度に関わらず、築25年程度を超えた戸建ては、
よほど大掛かりにリフォームをした場合や、
程度が極めて優れているような家を除き、
家の価値をほとんど0に近い金額で査定していました。
それによって、中古住宅を購入して万が一、
建物に瑕疵があっても買主さんには、
もともと建物の価値は、ほぼ0なので、
売主さんへの損害賠償請求はできませんと説明していました。

こういったの理由で、建物を現況で無保証、
無調査で販売することは、
売主さんにも買主さんにも不利益な事なのです。

欧米の中古物件の売買には、非常に詳細な建物調査書が
必ず付随しており、それにより築100年の物件であっても、
ちゃんと建物に価値をつけてでも売買が成立しています。
イギリスでは、むしろ築年数が古いほど価値がつくことも、
珍しくありません。

全所得の何割かを割いて住宅を購入しても、
日本においては建物部分については数十年で、
価値が無くなってしまう事は、同じ所得でも欧米人に比べ、
日本人は、ゆとりが無い原因の一つなのかもしれません。

うかい不動産では、今後一部の物件については、
できる限り(売主様の承諾をえられれば)住宅診断を
実施していきたいと思います。


posted by U-kai(とも) at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月11日

カフェ店♪

みなさまこんばんわ

さらに寒くなってきてまた雪がちらつくこともあるのでしょうか?

そんなときにはぜひ暖かいコーヒーがタダで飲めちゃうカフェ店へお越しください☀

カフェ店といっても、いちおう不動産屋さんなのでちゃんとお仕事もしております


毎月、相談会も行っておりますので、住宅ローンのこと、新築するのがいいのか中古住宅をリフォームしたほうがいいのか?

などハウスメーカーさんには聞けないような事など月替わりでイベントをやっております!!


また、ゲリライベントとして、ご来店頂くだけで自動的に抽選の権利が手に入り、月に1名様に人気のアノ!家電をプレゼントしたり

など、県庁前住宅展示場のイベントに負けないキモチでスタッフ一同お待ちしております!!!


詳しくはカフェ店専用ページまで

と言いたいところですが、現在工事中で、まもなく完成しますのでこまめにチェックしてみてくださーい

めんどくさい方は、いっそのこと足を運んでみてくださいw

いまなら店長考案の新ホットドリンクもありますよーーーー!!!

岐阜市薮田東一丁目6-8 (県庁前住宅展示場様の西側、十六銀行ローンセンター様の下です)

                   nori70

posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月18日

終の住みかを考える


マイホーム探しのエリア選びとして
お客様が よく言われる事は

お子さんを転校させたくないので 学校区は変えたくない。

公共交通機関を利用して総合病院に通えるところ。

名古屋へ通勤しているので 駅近く。

ご夫婦双方の実家の 中間地点。

車の運転免許を取得してないので スーパー近く。

済み慣れているから 今住んでいる所から環境がかわらない程度の地域

などなど、現実的に毎日の生活スタイルによります。


今、私に
あなたは、どんな街に住みたいですかexclamation&question

と尋ねられたら

介護サービスを提供するための 

さらなる人材の育成、確保、生産性向上に

積極的に取り組みしている自治体が機能している街を選びたいです。

だけど、どこに尋ねればよいのでしょうか。

ご存知であれば、教えて欲しいです。

私みたいに、老後に不安を感じる方も少なくないと思います。

住み替えが出来るならば・・・・・の希望ですけどね。

こんな選び方も一つあるのではないでしょうか。

                              By あいママ















posted by どりげ岐阜スタッフ at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

心が暖まりました。

明日の岐阜は雪が降る予報です。
気温もぐっと下がって来ているので、風邪などには十分注意して下さいね。

さて、先日ご案内した中古住宅での出来事です。

今回は売主様が入居中の物件でした家
いつも、内覧前には室内を綺麗にお掃除をして頂ける売主様です。
今回も、いつも通りばっちり綺麗にされていました。
内覧中は、売主様・買主様共にお話しが弾み、世間話しやお互いのご家族の事で談笑されていました。
内覧というよりも、日向ぼっこの時間が多かったですね

買主様に、内覧されて如何でしたか?と訪ねましたら、
「物件は中古だから傷んでいる所・リフォームが必要なのは当たり前、今回は売主様とのフィーリングが合って気持ちの良い買い物が出来きそうです
と仰られて見えました。

翌日には、買主様より買付証明を頂きまして、現在ご契約の書類を作成させて頂いております

今回の様にお話しがまとまるケースは決して多くは無いですが、不動産のお取引きはやはり何かしらのご縁が有るなと感じる一日でした
売主様、買主様、有難う御座いました


TOKU

posted by どりげ岐阜スタッフ at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月11日

中古住宅市場

国土交通省は中古住宅を安心して売買できるよう2018年の施行を目指し、専門家が家屋の傷み具合を調べる住宅診断を促進する方針を決めました。

これにより不動産仲介業者は売買の仲介契約時に、住宅診断を行うかどうかを売り主や買い主に確認するよう義務付けられます。

中古住宅の売買が住宅取引全体に占める割合は、日本では約1割と言われます(日本の住宅は新築文化と言えますね。)

しかし東京都であっても2020年以降、本格的に人口が減少に向かうという中でこれ以上、新築を作るというのはどんどん空屋を増やして行くようなものです。

そこで中古中宅(しっかりと修繕、改修されたもの)の資産価値の残っていくようなシステムを構築して行こうという流れですね。

ちなみにこの診断が普及している欧米での中古住宅の流通は全体の7〜9割を占めます(欧米は中古文化ですね)

我々不動産業者も住宅の売却を依頼された場合、木造住宅であれば22年程度で資産価値はほぼゼロになってしまします。とお客様にお伝えしていますが、中には修繕、改築をしっかり施されて大切にお使いされている住宅もあります。

この様な不動産に関しては付加価値をみて査定額の上積みをさせて頂いておりますが、今後その基準がしっかりされる事は大変いい事だと思います。

日本の建てて壊すといった「スクラップ・アンド・ビルド」から、良質な住宅を新築して長く住み続けれる「ストック重視」への流れが出来れば、

何十年ものローンを組んで手に入れた念願のマイホームが20年そこそこで評価が無くなり(そもそもこの原価率にも疑問を持たれると思いますが・・・)

将来、売る事も次の家を買う事も出来ない今の状態から変わっていく気がします。

私、個人の考えとしては「新築」VS「中古」みたいな構図ではなくお互いが共存していき、マイホームを検討するお客様に多様な選択肢がある状況が出来るといいと思います。

その中で、我々も「ただ売る」という不動産業者ではなく、更なるプロフェッショナルな知識が必要になってくると思います。

是非、不動産の事なら鵜飼不動産が一番詳しい!と皆様から言われる様な会社を目指して行きたいと思います。


                                                                       By Sm

posted by どりげ岐阜スタッフ at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月25日

マナー

メリークリスマス!!


只今122521時チョイ前


皆様いかがおすごしですか?


聖なる夜はご家族や大切な方とデナー中な方も少なくないんでしょうねぇいいなぁ。。。


クリスマスに限らず年末年始はパーティや忘年会等、仕事の一環として食事をする事も増えますよね


マナーのマの字もない山男(苗字には一番最初にマが付きますがw)、たまたまマナーの記事を読んだのでシェアします!マナー完璧な素敵男子、素敵女子方は読み飛ばして結構です


まず、

◎ナプキンはテーブルの最上位の人がとったら、他の人もとりナプキンは二つ折りにし、ヤマになっているほうを自分のおへそ側に向け置く。口や指を拭く場合は、左上裏面を使用する。中座するときは座面に、帰るときは、綺麗にたたまずにテーブルの上に置く。←綺麗にたたむのは『食事に満足しなかった』というサインになるらしいです。


◎右手にナイフ、左手にフォークがカトラリーの基本で、西洋では左利きの人でも、このルールに従って食べる人がほとんどで、フォークを右手に持ち替えて食べるのはアメリカ式といわれており、間違いではないが高級店では行わないほうが無難らしいです。※だけどスープはスプーンを右手で持つ(もはやごっちゃw)


◎立食パーティーでは、右手を空けておくのが基本マナー。よって、ドリンクも左手でグラスをもちます。唯一食べるときは右手にフォークを持って食べて構わないそうです。


…お恥ずかしいですがほとんど実行できてませんでした()


と、不動産ネタとはだいぶズレちゃいましたが役に立っている方がいらっしゃる事を信じて

ここら辺で、、、では、よいお年を!



                         あ、メリークリスマス!by山男


posted by どりげ岐阜スタッフ at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月10日

☆空き家対策???☆

どうも!こんにちは〜
 寒くなってきましたが、絶対カゼ引かない元気なタマです〜

とはいっても、今年は暖冬ですね〜

冬といえば・・・・・
やはり乾燥が気になりますよね

お肌のカサカサ感とか・・・・・
お肌のシワシワ感とか・・・・・
お肌のヒリヒリ感とか・・・・・



乾燥でやはり気になるのは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・火災ですよね

住宅の火災で最近言われているのは、「空き家問題」

大きな問題となっている為、「全国空き家問題110番」という、日本司法書士会連合会が行った電話相談会では、377件の相談者のうち半数以上が敷地を含めた空家を処分したいという相談だったそうです。

 空家の原因として、一番多い原因は所有者の死亡が過半数を占めていて、入院・入居・転居・転職・転勤の順で多かったそうです。

私たちも、売却の相談を多く受けますが、今現在はお住まいのお宅でも、今後高齢になっていくために
管理費用や管理そのものが続けられるか、相続のために参考にしたいなど、将来への不安のために売却を検討されるというご依頼もたくさんあります

 インターネットから査定をして欲しいというご依頼が、とても多く、こういった背景があるんだな〜とつくづく感じざる得ません。。。

 ただ、やはり参考にされたいということであっても、私たちはお客様に直接お会いしてお話をさせて頂きたいな~と思います

それは、売却をされるのには、それぞれにそれぞれのご事情があると思いますので、参考にするだけであったとしても、直接ご事情をお伺いすることで、不動産の良い利用の仕方・処分の仕方を、いろいろご提案できると思います

ホームインスペクターの資格を持ったスタッフや、相続診断士もいるので、ご相談だけでもぜひ、お一人で悩まずお声掛けください


タマ







 




posted by どりげ岐阜スタッフ at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

不動産大イベント?

みなさんお久しぶりです あめ大臣です(*´ω`*)

こたつが大活躍な季節になりましたね 寒いです・・・

12月は不動産大イベント宅地建物取引士資格試験(宅建試験)の結果発表がございましたね

受かった方も残念だった方もお疲れ様でした

私はもはや受かっていますので蚊帳の外でしたが・・・(*´ω`*)ドヤァ

合格ラインは31点とのことでした昨年度に比べて1点下がり、2000年の30点以来、最も低い合格ラインとなったとのことです

全国の合格率は15.4%。15年度試験の申込者数は24万3199人(前年度比2.0%増)、受験者数は19万4926人(同1.5%増)

岐阜県では2078人の方が受け288人の方が合格されました、合格率は13.9% 

果たして名前が宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に変わったことによって注目され申込が増えたのでしょうか?

合格された方も実際使う方は半分いるのでしょうか?疑問なところです

これから 士業になる上で難易度も高くなってくるとのことです。宅建士を取りたいという方お早めに

免許をとったからといって慢心しないで私も日々勉強をし、お客様にわかりやすくご説明できるように努力します

国語より数学が好きなあめ大臣でした


posted by どりげ岐阜スタッフ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月23日

IT重説。

今後、インターネットを介してオンラインで行うIT重説が現実になるかも
しれません。
現在では対面に限定されていた、不動産取引の重要事項説明をオンライン
でも可能にするため重要事項説明の実証実験が進められています。
通常は不動産契約も場合は、不動産会社の担当者が契約書を前に置いて、
契約内容について説明した後契約書に捺印します。
これは「不動産取引の重要事項説明」と言い、宅地建物取引業法(宅建法)
で定められている必須事項です。
契約条件に関する重要事項の説明をしなければならないとされています。
「重要事項の説明義務」が採り入れられ、「宅地建物取引士による重要事項
の説明と記名押印」が義務づけられ。ここで「対面」に限定しているのは
不動産の契約事項は、物件ごとに大きく異なり重要な箇所が理解されない
ままで契約すると後々のトラブルに繋がりかねない懸念があるため
実際に相手の様子を見ながら丁寧に説明することでしっかりと理解して契約
に臨むことを想定されているためです。その「対面」での重要事項説明が
変わろうとしています。
重説のオンライン化は時間の節約も業務の効率化も期待できます。
この制度が実用されると遠方にお住まいの方との契約が効率よく進みます。
現場サイドでは大変助かる点は多いのですが。確かに物件によっては
難易度の高い内容を、契約者が理解しているかどうか分からないままに
非対面で説明を終えることで、重大なトラブルに発展する可能性はあります。
このようにどちらにしてもメリット・デメリットは発生しますが今後どうなって
いくのでしょう.
個人的には条件付きで賛成派です。     
                                       巨神兵
 


posted by どりげ岐阜スタッフ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月31日

データ改ざん事件



ども、店長です。

時事ネタのマイナンバーが出てきましたので、引き続き時事ネタで行きたいと思います!



最近ニュースで持ちきりの、地盤地耐力データ改ざん問題です。

地盤改良工事を担当した下請け会社の旭化成建材がデータを改ざんして支持層に届いていない改良箇所があったせいで、不同沈下が発生して建物に不具合(傾き、亀裂等)が発生しているという問題です。

販売会社や元請会社の責任はどこまであるのかという問題も提起されていますが、私がこの事件の一報を聞いた時、真っ先に脳裏に浮かんだのは、タイトな工期や少ない予算など、下請け会社への圧迫でした。

実際にどうだったかは判りませんし、だからといってデータを改ざんしたり流用したりする行為が正当化されるわけではありませんが、根底にはそういった根強い問題が存在している気がしてなりません。

姉歯建築士の構造計算書偽造事件の時にもあったように、過去の施工物件の調査が進められて続々と疑わしい物件が出てきているので、マンション購入を検討されている方は不安で仕方がないと思います。

私の担当しているお客様ではありませんが、中古マンションを検討されていた方で、この件で不安になってしまって購入をキャンセルされた方も実際にみえます。

ほんの一部の業者がこういった不正を行なっただけで、他も全部グレーに見えてきてしまうのが人間心理です。

ましてや今回のように大手の工事業者が不正を行なっていたとなれば、何を信じていいのか、という気持ちになってしまいますよね。



ただ、岐阜エリアは他の都市に比べると元々マンションの棟数自体がそれほど多くありません。

一戸建てと比較した場合のマンションのメリットというのは、利便性とセキュリティです。

セキュリティはともかくとして、利便性に関しては近隣に駅がないと成立しませんので、主な移動手段が自家用車である岐阜のような地方都市では、駅周辺の立地以外ではあまりマンションに居住する優位性というのが無いんですね。(勿論、他にも目減りしにくい資産価値であるとか、耐震性能、防火性能、庭の草抜きなどの煩わしさが無い、平屋感覚で住める、など色々なメリットはあります)

ですので、マンションだけを対象に不動産を探されているお客様も、全体からみると割合としては少ないです。

マンションか戸建てかで迷われている方や、中古戸建や建売のみを対象に探されている方、注文住宅を新築する計画で土地を探されているお客様というのが大多数です。

今回の一件で、さらにマンション専門で探される方が減ってしまうのではないかと思いますが、各マンションデベロッパーや管理会社もこの問題を受けて自分たちのマンションの施工時のデータをチェックしていると思いますので、不安な方は問い合わせてみるのも手です。

不同沈下は通常5年以内、長く見ても10年以内では傾きや亀裂などが発生してきますので、竣工からそれ以上経過していて問題無い物件に関してはひとまず安心と考えてもよろしいかと思います。

マスコミが必要以上に過熱報道するので、どうしても不安を煽られてしまいますが、自分の眼で見てしっかり判断していきたいところです。



とはいえ、データを改ざんして消費者の信頼を失った旭化成建材とフォルクスワーゲンには暫らく逆風の時代が続きそうですね。



JAY



posted by どりげ岐阜スタッフ at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月30日

不動産とマイナンバー制度

いよいよ「マイナンバーの通知カード」の送付がはじまりました。
岐阜市は、11月から順次送付し始めるようです。
但し、マイナンバー絡みの詐欺はすでに発生しているようで、
「あなたのマイナンバーが流出しているので
 抹消の為にお金を振り込め。」
と言って請求してくるパターンが1番多く、その口実は
「マイナンバーから個人情報が漏れると詐欺に合いますよ。」
と、警戒心を逆手にとって脅すパターンが多く、特に高齢者の方は
引っかかってしまうのだそうです。

今のところ、マイナンバーの利用目的は、
「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」、「公平・公正な社会の実現」
に限定されていますが、

よく言われるように、将来このマイナンバーにより、
預金口座や、証券口座、不動産資産等の有無まで
管理される事にでもなれば、
あらゆる収入や資産が丸裸になってしまうだけでなく、
(もっともそれが「公平公正な社会の実現」の意味なのでしょうが…)
所有している資産そのものに課税(資産課税)されることも、
充分今後はありえる話だそうです。

ちょうどその記事を読んだとき、少し前に日本でもブームになった、
トマ・ピケティさんの「21世紀の資本」の中で提唱されていた、
格差を無くす手段の「世界的な資本課税」を思い出しました。

r(資本収益率)>g(経済成長率)の公式では、貧困層や発展途上国が、
頑張って経済成長しても、資産家や先進国が投資等で増やす資本との
格差は広がる一方で、その是正には、世界的な資本に対する
累進課税しかないという話だったと思いますが、
本当にそれが可能であれば、悪くない話だなぁとも思ったりしています。

 ピケティさんが来日したときに東大生が、
「富裕層に入るために、頑張って勉強してきたんだから、
 富裕層への課税には反発するし、国がそんな政策を取るなら、
 海外に逃げたくもなります。」
と言っていましたが、もともと富裕層は貧困層が無ければ
成り立たないのだから、それを肯定するような意見には
ゾッとしました

話はずいぶん反れちゃいましたが、マイナンバーの話に戻ります。
マイナンバーは、それだけで自分という人間を完全に特定してしまう
重要な番号ですので、不用意に他人に見せないようした方が良いでしょう。

弊社も、本人確認資料で個人番号カードを提示されたときも、
番号を控えたりコピーしたりしないように徹底するつもりですが、
実は、法人に不動産を売却するときだけは、税務申告に使う、
「不動産等の譲受けの対価等の支払調書」を作成する必要があります。
その場合のみマイナンバーを売却先の法人に知らせる必要があるのですが、
その時には不審がらずにご協力をよろしくお願いします

posted by U-kai(とも) at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月13日

少しびっくり でもありえる

ある日曜日のお昼頃、以前より戸建を探されているお客様より

「以前紹介してもらった家を今日内見したいんですけど・・・」と

入居中の中古住宅の内見希望が当日お電話でありました。


入居中の物件の場合、当日の内見は 売主様のご都合が合わず難しい場合が多い為

数日前のご予約を承っています。


とは言え、急遽、売主様側仲介業者へ連絡をし 売主様のご都合を確認してもらい

夕方見学できることになり その物件で現地集合とのお約束でした。


売主様側仲介業者担当さんとその物件の玄関先でお待ちしてたところ

売主様側仲介業者担当さんは、車でいらっしゃったお客様を一目みるなり

「あのお客様は 午前中にうちのお店に来店され僕が接客しました」と...


お客様は あれ?なんで他業者がいるの???と

少し気まずいご様子でしたので

私の方から「今日午前中に〇〇不動産へ行かれたんですね」とお声をかけ見学を始めました。


物件は直接売主様より依頼されているばかりでなく

他業者さんからの紹介物件も多く取り扱っている旨をお伝えし

なんでいるの・・・?は解決しました。


仲介業者として鵜飼不動産を選んで頂ける様 精進したいと思います。


                           byあいママ


posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月04日

期限迫る!!!

皆様、住宅の火災保険はどうされていますかexclamation&question

今までの住宅の火災保険は最長36年で新規契約が可能でした。

火災保険には長期契約割引があり、契約期間が長いほどその割引率は大きくなりますので保険料は割安になるというメリットがありましたが、2015年10月から10年超の長期の火災保険契約の停止が行われ、実質的な値上げとなる予定だそうですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

なので補償期間が最長10年という事になりますふらふら

現在、短期契約をされている方もしくは、保険の見直し時期にあたる方は急がれた方が良いです。

私自身も、自宅の火災保険を見直しましたわーい(嬉しい顔)るんるん費用的にもお得にグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)手(チョキ)

現契約解約のタイミング、デメリット等も御座いますが、地震保険、家財保険の追加契約もご検討頂くと良いかもしれません。

弊社でも日新火災の保険を取り扱っておりますが、過去にご契約して頂いたお客様からのお問い合わせも多く頂いておりますひらめき

ご検討頂いて、無駄な事は無いと思いますので一度ご検討下さいませぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


TOKU

posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月30日

コスト

現在、住宅でもっとも差があるのが省エネルギー性能です。
日本は国土が縦に長く、四季もあることから、全国各地に実に400もの工法が存在します。
外張り断熱やダブル断熱、吸放湿断熱、遮熱断熱など、一度は耳にした事があるかも知れません。

お客様とお話をする中で家を建てるにあたり一番重要視されているのは、やはり価格の様に思えます。

今回、参考にして頂きたいのは、イニシャルコストとランニングコストと快適性です。

お客様が一般に  「価格」  と言うのは 「イニシャルコスト」 に当てはまります。
イニシャルコストとは、新しく建築物を建築したりするときなどに、住むまでの間に必要となる費用のことである。 初期費用ともいいます。
これを重要視していない人はいないといっても過言ではありませんし、これだけが条件!と言う人も中にはみえるのではないでしょうか?

家(住宅)は多くの方は人生で1度の買い物になります。
つまり20年、30年、40年とそこで生活をする事になる訳です。

その住宅を購入するのに果たして価格だけで決めていいものでしょうか?

そこで考えて頂きたいのが、ランニングコストと快適性です。
どんなに極寒期でも僅かなエネルギーで家の中が「気持ち良い」と思える穏やかな暖かさであり、酷暑日でも僅かなエネルギーで家の中が「気持ち良い」と思える穏やかな涼しさがある家。
家に居て「気持ち良い」「快適」と思える事はとても幸せな事ではないかと私は思います。

只、いくら快適な室内環境であってもそれを維持する光熱費が家計の負担となってはいけません。
暑さ寒さを我慢することなく、寒い時には暖房、暑い時には冷房の設備を使用し快適な居住環境を維持をする。
その様な住み方をして 年間「12万円」で暮らせる省エネルギー住宅が今は建てる事が出来ます。

全国の平均光熱費は約24万円と言われています。
上の例の様にこれが12万円で済むとなりますと、年間で12万円の差がでます。

単純に30年住むと前提すると、30年×12万円=360万円 です。

つまり360万円高い家だとしても人生でかかるトータルの価格は変わりません。
トータルの価格が変わらずに更に、快適に過ごす事が出来るとなると・・

一度考えてみる価値はあるのではないかと思います。

今回のお話は1つの例ですが、家を建てるにあたって事前に勉強してみると色々な発見があり、建てて良かったと思えるかも知れません。

By.Sm

posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月27日

接道救済処置

こんばんは。


鵜飼不動産、山坊主です


今回はおうちを建てるのにとても重要な『道路』について書かせていただきます



おうちを建てるとなると、接道義務といいまして建築基準法上の道路に2m以上接していなければなりません。

え? うちは接道義務をはたして無い土地だから、再建築出来ない土地になってしまうですって?


安心して下さい



はいてますから! (←言いたいだけw)



ってのは冗談で。
建築基準法上の道路に接していない土地でも、周囲の状況や建築物の条件により、建築を許可できる場合がございます。(←但し書き許可)

その条件は
・その敷地の周囲に公園、緑地、広場等広い空地を有すること。

・その敷地が農道その他これに類する公共の用に供する道(幅員4m以上のものに限る)に2m以上接すること

・その敷地が、その建築物の用途・規模・位置及び構造に応じ、非難及び通行の安全等の目的を達するために十分な幅員を有する通路であって道路に通ずるものに有効に接すること。

・用途は住宅(特殊建築物NG)の3階建て以下。一定の基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、防火上、及び衛生上支障がないと認めて、建築審査会の同意を得て、許可したものはこの限りでない
※他にもあればご指摘下さい。。。


そんなこんなで、このような土地には、金融機関様からのご融資が受けにくい事や、将来にわたって『但し書き許可』をうけれなくなる場合があることから、近隣の建築基準法上の道路に接道している土地と比べて比較にならない位の安値で売り出されております。


条件に見合う方からしたら願ってもないチャンスになる場合があるんですよ。。。




今日のところはここらへんで


では!

                                              @山坊主






posted by どりげ岐阜スタッフ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月08日

☆金額の交渉って!?☆

みなさん、こんにちは〜!!
暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか〜〜
一年中カエルを愛するタマです〜

今回は、購入する際の、値段の交渉について・・・・です。
これ、おそらく不動産を購入される時に気になる点の上位にランクインしてると思います


購入される方々の心を覗いてみると・・・・「多少、まけてくれないかな」・・・・・・・的な気持ちがあるのではないかと

実際にどうかというと・・・・・・・




仲介をしていると、ごく当たり前ぇ〜〜〜にある情景です


例えば、みなさんが「この土地を買いたい!!」って思われた時、まずは物件を押さえなければいけませんね


ここで、”物件を押さえる”というのは、売主様に「私はこの土地を買いたいです!」という意思表示をしないといけません。
つまり、「私がこの土地買うので、他の方に売らないでください。」と言わなければいけません。

どうすればいいかというと、”買い付け証明書”という証明書を売主様に提出します。
(弊社ではこんな書類です買付証明書(Td)A4.doc

これは、何かと言うと、売主様に対して購入を決めれらた方が、「私はこういうものですが、この土地をこの金額で購入したいのですが、お願いできますか?」
・・・砕いて言うとこんな感じの意味あいの書類です。

金額のお話を口頭で行うのは、言った言わないになり、特に不動産のような大きい金額が動く売買では、特にトラブルになりかねないので、書面にして提出します。

売主様はこの証明書を見て、この金額なら譲ってもいいな〜。」とか、「ここまでは厳しいけど、この金額でなら譲ってもいいな〜。」という感じで決められます。

ということで、この買い付け証明書に希望の金額を記入して、いわゆる”金額の交渉”をお願いするのですが。。。。。。






この交渉、実際に仲介をしている立場で言うと、なかなか大変なのです・・・・


なぜなら、私たちが仲介だからです
全てではないのですが、いろいろな物件を取り扱って、いろいろな交渉がある中で、仲介の立場で言うと、売主様・買主様の双方の立場に立って交渉を進めなければいけません。

これは、「少しでも高く売りたい」売主様と、「少しでも安く買いたい」買主様という反対方向を向いてるそれぞれのご希望を、双方が納得した上で進めなければいけないので・・・・・


仲介のお気持ちを察してください・・・・・・ということではなく

それぞれの方が、いろいろなご事情で売却を決められたり、購入を決められるので、そこをお察しいただきたいな〜って思います

例えば、相続でお父様の持ち家を売られる決断をされた息子様。ネットや広告で見る分には、土地や建物にも相場があるので、このくらいの相場・・・・と思われるかもしれませんが、

「これだけの価値だからこの金額で売ってほしい!」
と、金額の交渉されたとして・・・・・

でも、相続をされた息子様のお気持ちとしては、小さいころからお父様との思い出がたくさん詰まったお宅で、お父様も多額のローンを組んで購入された経緯があり、ご自身としては売却するにも踏ん切りがつかない事もありますふらふら

私たちも物件を預からせて頂き、販売活動をする中で、当初の売り出し価格よりも金額を下げることもあるのですが、やはり中には金額の問題だけではないお気持ちの部分も組んで、金額を決める場合もあります。

「金額の交渉が当たり前」ではないことを、気持ちの部分でもご理解頂けたら、たとえ交渉をするにしても、売主様にとっても、買主様にとっても、納得のいくご契約につながると思います

もちろん、仲介としてお互いに納得のいく売買が出来るよう、精進していきますので、
これからも鵜飼不動産をよろしくお願いいたします


タマ

posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月10日

シーズン・イン・ザ・サン

みなさん こんにちわ 一番好きなアーティストはTUBEの飴大臣です
ジメジメと湿気が多い日が続いてますね

いかがお過ごしでしょうか?

ジメジメが過ぎ去ってあとは暑い夏がきますね
ぶっちゃけてしまいますと私は夏があまりすきではありません暑すぎて溶けます みなさんも暑いと家から出るのは嫌ですよねー

実際に夏は不動産を探される方が減る傾向があります
ですがみなさんが動かれない時ほど不動産を探すチャンスではありますよ
みんなが動かない=競合がすくないためご希望の物件をご購入するチャンスが増えるということです

鵜飼不動産では暑い夏でもオープンハウスなどのイベントを行い皆様をお待ちしております

暑くなる季節ご来店お待ちしております

熱中症にはご用心 飴大臣でした

posted by どりげ岐阜スタッフ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月14日

土地の境界について

確定測量とは、お隣さんとの土地の境をはっきりさせる測量のことです。
不動産は高価な財産でありますので、本来は売却されるかどうかではなく事前
に確定測量を行うことをオススメしてます。

土地境界確定測量(確定測量)は、自分の土地と隣人の土地の境界がどこにあるのか隣の人の土地との境界を決める(確定・現地に杭を打つ)ために行います。
確定測量をしてない場合は実は明確ではありません。土地家屋調査士が専門家として測量の立会等を行ってくださいます。自分の土地を売ろうと考えている人、自分の家を建てようと考えている人は、常に土地の境界がどこにあるのかを意識して知っておく必要があります。

また土地を分筆する時や建物を建てたい時、ほとんどの場面で必要になってくるのが確定測量です。

境界が原因でお隣同士が仲違いしているケースもあり境界確定することにより隣地の方とのトラブル避れる場合もあります。
このように、確定測量によって重要な資産を明確にして隣地や相続などのトラブル防ぎしっかり資産を守って行くことができます。
今後は相続が発生して所有者が変わる場合や遠方に引越されて連絡が取れない、取れても海外の為、帰ってこれないなど隣地所有者の都合の為実行出来ない場合がありますので少しでも早めに対応されるようお考え下さい。

                                                            巨神兵


posted by どりげ岐阜スタッフ at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月04日

お値打ち物件?

こんにちわ。

だいぶ春を通り越して夏のような陽気ですね。

海外では気温が上がり過ぎて大変ですが、これが温暖化なのでしょうか。。。

体調にも環境にも本格的に気を使わなくてはいけない時代になってきましたね。


さて、お値打ち物件と聞くとどのような想像をしますか?

一般的には価格が安いものですよね。

大根や人参ならそうですが、不動産は一概にそうではありません。


表面上の価格が安くても土地であれば、住宅を建てるためには大きな費用がかかり最終的には相場の値段になってしまったり。

中古住宅であればリフォームにかなりの金額がかかり、結局他の物件と同じような価格になってしまったり。

個人同士での売買がお徳そうだから。と取引した結果、トラブルになってしまったり。。。


表向きの価格に惑わされずに不動産選びをする前に一度ご相談ください。


我々は不動産業者であり、イチ営業なので、正直買って頂くのが仕事です。

しかし、その営業も人の子なのです。

多くの方が一生に一回するかしないかの大きな買い物。

せっかくお手伝いさせて頂いたお客様に買ってから後悔されるのは非常に心苦しいのです。


そうならないためにも、いまある最良の選択をして頂くためにも、我々は日々勉強し様々な業界の方と情報交換する中で知識を増やし、最適なアドバイスができるよう精進しているのです。

不動産営業は、物を売りつける営業ではありません。

お客様のアドバイザーとしてお手伝いさせて頂く立場です。

話にくいこともあるかと思いますが、良き相談相手としてお話頂けると幸いです。


いつかお会いできる日を楽しみにしております。
                                                    nori70

posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記