2016年08月28日

「家売るオンナ」

7月からはじまっている水曜ドラマ、
「家売るオンナ」
なかなか視聴率も好調みたいで、
この時間帯トップの平均視聴率11.38%だそうです。
実は、木曜日のドラマ「はじめまして、愛してます。」
の主演の江口洋介のドラマ上の職業も不動産営業。
こちらも平均視聴率は9.6%とまずまずの数字です。
ふだん、あまり関心もたれることも少ないこの業種に、
たまたまとはいえ、こうしてスポットを当てられることは、
嬉しい限りです。

家売るオンナ.jpg

早速、家でもドラマを見た娘(中一)から、
「お客さんを案内するときは、裏道を使って、
 猛スピードで案内するの?事故らんでね」
と言われました
実際のところ、そういう案内スタイルを心がけている営業
もいるかも知れませんが、少なくとも私はあまり裏道は、
むしろあまり通りません。

三軒家万智
「不動産屋は地図を見ない。幹線道路ではなく、
 誰も知らない裏道を使う。 
 お客は、こんな裏道まで知っている人は、
 物件のある町に詳しいと思う。 
 そして不動産屋を信頼する。 
 その人の言うことなら信じてみようと思う。」


他にも「家売るオンナ」でみる不動産会社あるある
をピックアップしてみると、

・お客様に購入を決断してもらう為に、ニセの商談をチラつかせて
 あせらせる。
 →昔は、よく聞きましたし、大手のFC加入説明会の中の講習で
  有効なテクニックだと実際に聞きました
  でもウチは決してそんな姑息な方法は取りません。
・売れない営業の体に看板を付けて(サンドイッチマン)営業させる。
 →バブル期の都会の不動産会社では普通にあったそうです。
・売れない営業をイスにガムテープでぐるぐる巻きにして固定して、
 無理やりテレアポを取らせる。
 →今も投資物件を販売している一部の不動産会社では健在。
・不動産営業は長者番付の上位者を知っている。
 →三軒家ほどではないにしろ、資産家の方の情報は他の職業の方
  よりは詳しいのでは。
・優秀な営業マンに保険会社からのヘッドハンティング
 →よく聞きますし、うちの会社でも誘われた営業が何人もいます


この「家売るオンナ」は一見めちゃくちゃなドラマですが、
いつもはテレビ自体をあまり見ない私も、
このドラマだけは録画してでも見ています。
「どんな家でも必ず私が売ります!」
三軒家チーフが、他の営業が躊躇するような物件も、
その家に相性のいいお客様をイメージして、
そのお客様に1番効果的な方法で物件情報を届ける姿は、
不動産営業の本質であり基本です。
三軒家チーフは、かなり強引で押しも強いですが、
決してお客様と不動産の相性を無視して売りつけようとはしません。
お客様と不動産の相性を当事者以上に分かっているからこそ、
どんな強引な売り方をしたお客様でも、三軒家万智に感謝するのでしょう。

go-.jpg

 GO!

posted by U-kai(とも) at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月27日

最前線!@カフェ店

みなさまこんばんわ!

今年は台風がなかなか来ず、少ないかと思われましたがここへきて団体で来ておりますねーー
夕立もありますし、洗濯物を気にされる奥様方も多いかと思いますが、窓の開けっ放しにはご注意を。。。(実体験w)

近頃、不動産売却の査定が少し増えてきたように思います。
内容は様々ですが、先代の農地を相続したが自分はサラリーマンで農業できないので売却したい。
戸建の場合は離婚するので売却したい。
もともと住んでいた実家があるが、両親が施設に入り自分は家を建てているため不要なので売却したい。
などなど。。。

特に最後の生まれ育った実家の売却ですが、私自身も実家を売却した身なので、不要なのは事実ですがそれがなくなると思うとさみしいものがあります。。。
心情的なお話もありますが、実際売却されるときにみなさま口をそろえて言われるのが、
「こんな古い家は壊すしかない」
「自分と同じくらい古いのだから価値はない」  です。

たしかに引き継ぐ方々は30代〜50代の方が多いので、築50年と聞くと年数は経過しております。
しかし、中にはしっかり手入れやメンテナンスを行っていて、とても築年数相応には見えないお宅も多くありますし、多少痛みはあるもののリフォームを行えばまだまだ使えるお宅もかなりあります。
ただし、ご自身で価値を見出せずに長い年数、空き家で放置してしまえば価値が減ってしまいます。

もしそういったお宅があれば一度、うかい不動産の無料査定をご利用下さい。
意外に値段がつく場合や、解体費考えたら手元になにも残らないと思っていたけど中古住宅として売却できたので解体費が浮いてお金を残す事ができた。
など、一般の方では見えないところに価値を見出し、お持ちの不動産の最大限の活用方法を考え数字をお出しします。
迅速な対応で、過去の事例からデータに基づいた数字をお出ししますし、近隣に知られたくない場合はプライバシーに配慮した査定も可能です。
概算であれば、現地に行かずともおおよその数字もお出ししますのでぜひご利用下さいませ!


ちなみに、現在カフェ店ではついにソーダストリームを導入しました!!

なにかわかります?

え?わからない?

気になります?

でしょー

答えはカフェ店で!
おまちしてまーす☀             nori70

posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月01日

相続した空家に係る譲渡所得の特別控除

相続で取得した不動産の内  空家のまま保有されており

相続された方や そのご家族からの売却ご相談が ますます増えてきております。


平成28年度の税制改正で 
相続開始直前に亡くなられた方が居住していた家屋を相続した相続人が

相続時から3年を経過する年の12月31日までにその家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームしたものに限る、その敷地も含む)

または、家屋取り壊し後の土地を譲渡した場合は、一定の要件はありますが

譲渡益から3000万円の控除することが認められます。

この制度は、平成28年4月1日から平成31年12月31日までの間の譲渡で

相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までの譲渡とされています。

適用要件として
・相続した家屋は昭和56年5月31日以前に建築された家屋(区分所有建築物は除く)で、
 相続発生時に、亡くなられた方以外に居住者がいなかった家屋であること。

・相続時から譲渡時点まで、居住、貸付事業の用に供されてないもの。

・譲渡価額が1億円を超えていないこと

上記期日がありますが 相続された方で売却をお考えであれば
この制度は大助かりではないでしょうか。
平成31年12月31日までの譲渡となりますので
早めの売却相談をお勧めいたします。

                 by あいバー








posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月19日

キッズコーナー最前線

先日ご契約させて頂いたお客様、とても柔らかい雰囲気のご夫婦でしたぴかぴか(新しい)
素敵なお家を建てて下さいね家ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
お子様も大変元気な男の子で、見ているだけでこちらまで元気手(チョキ)になれるパワフルさでした。
※パパより歳上なのにお兄さんと呼んでくれてありがとうわーい(嬉しい顔)


弊社へご来店の際に、子供様を連れて見えるお客様は少なくありません。
本当に色んな子供さんが居まするんるん

DVDを真剣に観過ぎて、ご両親の商談よりも長時間キッズコーナーで過ごしてしまう。。。たらーっ(汗)

途中で眠たくなってしまって、キッズコーナーで寝てしまう。。。眠い(睡眠)

待ちくたびれてグズり出し、パパの逆鱗に触れ仕方なくキッズコーナーでチーンとしている。。。もうやだ〜(悲しい顔)

もう帰りたいよ〜バッド(下向き矢印)とご両親にアピールはしたけど、相手にされず仕方なくキッズコーナーでチーンとしている。。。ふらふら

他のご家族のお子様と意気投合し、即興で繰り広げられるおままごと。。。家ダッシュ(走り出すさま)
(複雑な役割分担で、結構濃厚なドラマが繰り広げられて居る場合も有ります)

弊社の各店舗にはそれぞれ小さいながらもキッズコーナーが有ります、きっと来店された子供様の数だけ色々なドラマがありそうですね。

これからご来店頂くお客様、弊社のキッズコーナーでご遠慮無く子供様を遊ばせてあげて下さい。
そして、新しいドラマを期待していますexclamation×2exclamation×2exclamation×2


TOKU

posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月18日

相続を争続にしない為に。

相続税は原則として被相続人の死亡日(相続発生日)の翌日から10ヶ月以内に現金で納付する必要があります。
物納や延納などの方法もありますが条件や金利の面ではメリットばかりではありません。

相続で大切なのは納税資金の確保になりますが、特に地方の土地などを相続した場合は売却が困難で所有していく場合でも固定資産税、
管理費等など維持費分だけ損をするケースもあります。

相続対策としては優遇処置や生前贈与など色々な方法がありますが、今回はその様な話ではありません。

私は社会人になってから今に至るまでの間、親から生活の為の援助というものをほとんど受けずに生活をして来ました。
なんとなく普通の感覚でこれからも援助無く人生のエンディングを迎えるだろうと思っております。

そんな私の相続に対する考え方は。。

「親は子に相続財産を残さない」です。

非常な様に聞こえる方も見えるかと思いますが、年代別財産構成が逆三角形の昨今、親に財産がある場合は
どうしても親からの相続財産を当てにする傾向が出てきます。

これは自らの働きによる財産形成ではなく、親や祖父母からの相続財産を当てにした働き方になってしまうのでは無いかと思いますし
兄弟姉妹が多い場合はこれが「相続」が「争続」にする主因であると考えます。

私は相続対策の一つとして「相続財産を残さない」というのが選択肢に入った場合。
60代以上が持つ1400兆円とも言われる金融資産が世の中にでて景気回復の役にも立つと思いますし、子は子で一生懸命働いて
自分で自分の人生をよく考える事に繋がるのではないかと思います。

「子孫に美田を残さず」

とは先人の言葉ですが相続財産が無ければ争いも無く、子も相続財産を当てにせず自分で働く。

昔、アメリカ人の友人が、お金が無いのに全財産をはたいて車を買ったぜ〜。なんてやけに幸せそうに見えた奴がいましたが
日本人も自分が培った財産は見事に使いきって「やってやったぜ!」感を持てる人が増えてきたら

面白い日本の未来があるのかも知れません。

まっ、これは私の自論ですが(^^)

なので一つの参考程度に聞いて頂ければと思います。

                                      By SM








posted by どりげ岐阜スタッフ at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月10日

選挙の結果も気なりますけども!

消費税増税もまだ先のお話になり、税金繋がりで『空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例』について書きたいと思います。


既存のもので、所有者自身が実際住んでいた自宅を売却した場合に売却益から3,000万円を控除される所得税の特例がございますが、こちらは住んでいない家を売却しても特例が使えず、空家の売却に足枷がついている状態でした。

放置された空家は周辺環境を悪化させたり、放火、その他天災地変等による倒壊の危険性も有り行政としても無くして行きたいもの。

空家の生まれるきっかけになっている一つが親からの相続になっている為、『空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例』が創設されました。

但し、どんな空き家でも相続されればこちらの恩恵を受けれる訳ではございません。

それは相続開始の直前において被相続人が実際に一人で住んでいた家屋で、相続の時から譲渡の時まで事業の用や、貸し付けたり居住の用に供されていない事と、昭和56年5月31日以前に建てられた建物であり、耐震改修して売却をするか、建物を解体して更地にしてから土地として売却する事等の条件をクリアすれば、相続により対象家屋等取得した個人について居住用財産の譲渡所得の3,000万円の特別控除が認められます。(実際には耐震改修に費用かけて売れ残るリスクを避け、後者の解体更地にして売却する方が殆どになると思いますが。。。)

実務上では、相続財産に係る譲渡所得の課税の特例とは選択適用とされます。また、居住用財産の買い替え等の特例との重複適用その他所要の措置が講じられます。

このブログを読んで、あれ?この特例、自分は該当するのでは?と思われた方は一度ご相談いただけたらと思います。

よろしくお願い致します。

@山坊主

posted by どりげ岐阜スタッフ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月12日

☆断捨離のすすめ☆

こんにちは タマです

本日は、☆断捨離のおすすめ☆です!

みなさん、「断捨離」って、ご存知でしょうか??

今、ずいぶんと断捨離ブームが到来し、本屋さんに行くと、たくさんの断捨離本が出ている為、知ってる方は多いかもしれませんね

自分の身の回りの物を、必要なものだけを残し、捨てる・・・簡単に言うと、こんな感じですが、
必要のないものを断ち、捨てて、執着することから離れる」。という意味があります。

ヨガの考え方である「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」を応用したものだと言われています。


  • 『断』 : これから入ってくる不要なものを断つ(買わない)
  • 『捨』 : いま持っている必要ないものを捨てる
  • 『離』 : 物へ執着することから離れる(物欲をなくす)


これを、なぜおすすめするかと言いますと・・・・・



先日、熊本でありました「熊本地震」。
今も大きな余震が続いていると聞きます。

報道でも何度も伝えられていました。
新耐震基準以前に建てられた家屋は、大きく壊れたお家も多かったとされました。

今後も、私たちの地域で大きな地震が起きかねないとも限りません。。。。。

そこで、被害が大きかった原因の一つに、自宅にあった家具が倒れたり、散乱した物で逃げ出す際に逃げ場を阻んだり、一度自宅へ物を取りに戻った際に、必要な物が見つからず、探し出すのに時間がかかり、余震の二次被害にあったり・・・・・・・

家屋の耐震だけが問題ではなく、その後の二次被害を防ぐ為にも、日ごろ必要なものを厳選して、身の回りを整理しておくこと。
災害が万が一おきた時に、被害を想定して日ごろから準備しておくことに、この「断・捨・離」がとても意味をなすのではないかと思います。

また、本当に必要なものを最小限にして生活する事は、その物品だけではなく、お家自体を大切に出来ますし、また、お家で暮らす大切な家族を守ることにもつながると思います。

「断捨離」、参考にしてみては如何でしょうか?


この度の熊本地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


たま






posted by どりげ岐阜スタッフ at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月04日

毎年来る固定資産税!

みなさんこんにちわ あめ大臣です

今回は毎年来る固定資産税について少しお話させていただきます。

不動産をご所有の方は毎年きてますねー今年ももうすぐ届くかなっといったところですかね?

さてよく土地を検索していると 土地と書いてあるのに建物があり 備考に「解体更地渡し」と記載されているということはありませんか?

土地なら建物壊しておいてよ〜 など思っている方もいるとは思いますが 「解体更地渡し」とはご契約をしてから建物を壊すということです 
じゃあなんで先壊さないの? それはそれは建物を残してあることによって売主様にメリットがあるのです

なんと・・・土地の固定資産税の減税です

土地の固定資産税とは基本的に更地で宅地の土地をもっているのが一番高いのです、ですから建物を壊さずに置いておくのが一番安いのです ドヤァ(状況によって変わってくる場合がありますのでまた相談してくださいねー)

ですが「空家等対策の推進に関する特別措置法」が制定されたことにより

以下国土交通省HPより抜粋
「適切な管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしてお り、地域住民の生命・身体・財産の保護、生活環境の保全、空家等の活用のため対応が必要な住宅」

にはこの土地の減税がきかなくなってしまいます(´・ω・`)

たしかに空き家を放置しておくと火事や崩壊なので壊しておいたほうがまわりの方に迷惑をかけないですからねー 

古屋を壊しておいたほうが売出している最中の印象は良いかと思いますけどねー(*´ω`*)

んーじゃあ壊した方がいいの? 壊さない方がいいの?
とお悩みのあなた

お任せ下さい ぜひ我々にご相談下さい
鵜飼不動産ではどういう売却方法がいいのか様々な観点からご提案させていただきますよ

花粉がすごいらしいので花粉症じゃなくてよかったと思ってるあめ大臣でした

posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月06日

確定申告

一定の要件を満たした住宅をローンを組んで購入した場合に年末残高等×1%が所得税から控除してもらえます。いわゆる住宅ローン減税というものです。

その控除を受けるためには確定申告することが必要です。

サラリーマンの方でも初年度は確定申告しなければならないので、確定申告をしたことがない方にとってはハードルが少し高いですね。

初年度さえクリアすれば、2年目からは勤務先の年末調整で控除を受けることができますので、初年度だけ頑張っていただきたいと思います。

現実には突然自分で申告しろと言われても…… 多くのサラリーマンが同じような気持ちを抱きますよね。
その為、「時間がない」「面倒くさい」、あるいは「うっかりしていた」と、住宅ローン減税の還付請求をし損なった方もいるのではないでしょうか?

せっかくの請求権を無駄にするのはもったいないですよ。

事前にご準備頂く必要書類としては

1.住民票

2.住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書

3.土地・家屋の登記事項証明書

4.請負契約書

5.売買契約書

6.給与所得の源泉徴収票

大体以上になります(詳細は税務署にお尋ね下さい。)

2016年の確定申告期間は、2016216日(火)〜315日(火)なので期限には十分

ご注意下さい。

以外と簡単に申告は終わりますので皆さん申告頑張って下さい。 

                                       巨人兵                                    



posted by どりげ岐阜スタッフ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月21日

マイナス金利

ども、店長です。

1月下旬の日銀政策決定会合で、日本初となる「マイナス金利」の導入が決定されましたね。

大きくニュースにもなりましたので皆さんそのことは知っておられると思いますが、そもそもマイナス金利って何?という方も多いと思います。

我々の生活にどのような影響があるのでしょう?

日銀が導入したマイナス金利を解説してみたいと思います。


まず多いのが、皆さんの預金が金利が付くどころかマイナスになるんじゃないかという誤解です。

これは今のところありえません。

まぁ昨今はゼロ金利政策で元々ほとんど預金利息は付かないような低利状況ですが、さすがに預金者の預金がマイナスになったら誰も銀行に預金をせずタンス預金(現金を所持する)してしまうので、銀行に資金が集まらなくなり金融業が立ち行かなくなってしまいます。

将来の政策次第では絶対に無いということは言えませんが、一般預金者の預金金利がゼロになることはあっても、今すぐマイナスになることは考えにくいです。


さて、今回の「マイナス金利」はあくまで日本銀行と各金融機関における金利の話です。

各金融機関は日本銀行に口座を持っており、お金を預けています。今、預けている分には、これまで通り金利は付きますが、これから新規で預ける分についてはマイナス金利(-0.1%)が適用されます。

(実はこの「今、預けている分」というのが莫大な金額で銀行にとっては大きな収入になっているので、これ以上何かするとすると、個人的には「この既存の預金分にもマイナス金利を適用する」という爆弾を予想していたりします)

するとどうなるかというと、金融機関としては、日銀に預けていると利子がつくどころか利子を支払わなくてはなりません。それなら日銀にお金を眠らせておくよりも、企業へ貸し出して金利収入を得たり、他の投資に回したりしよう、という動きになるわけです。

つまり、市場にお金を出回らせて、企業の設備投資や賃上げを後押しし、景気を刺激しようということです。


日本の金融政策は2008年のリーマンショックからゼロ金利政策を導入してきており、もう金利はこれ以上下げられないと考えられて来ました。

だから、金利はもういじれないから、量的緩和質的緩和で対策を講じてきたわけです。

どちらも市場にお金を出回らせることが目的です。

しかし、この量的質的緩和には、もう限界が来ていました。

緩和すると言っても、もう次の手が無いじゃないかという感じです。

そこで今回黒田日銀総裁が放ってきたのがマイナス金利!

そもそも、金融政策というのは、金利を動かすことが正当なやり方です。しかし、日本はゼロ金利政策と取っていた為、それ以上動かしようがないと思われていました。

黒田日銀総裁が今回マイナスの壁を破ってきたことによって、まだまだ景気回復の可能性が出てきました。

奇抜なことのように思えますし、日本で実施されるのは確かに初めてなのですが、海外ではそういった政策を取ったことのある国はあるようです。

景気が悪いのに銀行だけが国の保証する高利の預金で儲けてるなんて許せないので、庶民感情としてはざまぁ見ろ!といった感じですが、既存の預金はまだ保護されているので甘いっちゃ甘い!前出の爆弾をちらつかせて金融機関の尻を叩くという意味合いもあるんじゃないかと思います。

ちなみに収益性という見ると、銀行や保険業者には悪影響を与える今回のマイナス金利政策ですが、我々不動産業者や建築業者、旅行業者には好影響です。

例えば、住宅ローンの金利が下がりますので、住宅ローンを組みやすくなり、不動産取引が活発になりますね。

実際に新生銀行が住宅ローンの引き下げを発表しました。現在も、多くの銀行が住宅ローンの引き下げを検討しているようです。

また、建売業者やマンションデベロッパーも事業資金の借入がしやすくなるので、売り物件も増えると思われます。


ただ残念なことに、このタイミングで「愚者の税制」とか「最悪の税制」と、有識者の間では言われている消費税が、さらに増税となるので、せっかくのマイナス金利政策の効果を下げてしまったり、相殺してしまうんじゃないかと心配してますが、税政策に関しては日銀の担当では無いので黒田総裁には責任はありません。

日銀は物価上昇率2%の目標を、2016年後半から2017年前半へ後倒ししました。黒田総裁は、この目標をなんとしてでも達成しようという、強い意志をお持ちのように思えます。今後が非常に楽しみですね。


消費税や軽減税率といった目先の税政策応が如何に先々の国家財政をダメにするのかというお話は次回に乞うご期待とするとして、政治家と財務官僚の方々には、妻の妊娠中に浮気したり、公費を私用に流用したりしてないで、黒田総裁の足を引っ張らないような税政策の検討を真面目にお願いしたいものです。


JAY


posted by どりげ岐阜スタッフ at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月14日

今後は、中古住宅や中古マンションに注目!

今年中に国会に提出されると噂されるのが、
住宅診断(インスペクション)義務化です。
義務化と言っても住宅診断実施の義務化ではなく、
住宅診断をやりますか(やっていますか)?
と確認することの義務化です。
具体的には、重要事項説明の記載事項に、
[住宅診断をおこなった建物かどうか]の1項目が
追加されるのですが、「たったこれだけ?」
と思われるかもしれませんが、この1項目で、
恐らく数年後には中古住宅の流通を大きく変える
可能性があります。

まず前提として、今の一般的な中古住宅の売買について、
簡単に解説しますと、
一般的には、現状有姿(現状のあるがままの状態で)
で引渡しをされ、もし入居直後に欠陥が発見されても、
売主が意図的に隠していた場合でなければ、
その欠陥を直す費用は買い側の負担です。

また、以前の中古住宅の売買では、
建物の経年劣化や瑕疵がある可能性を踏まえて、
建物の程度に関わらず、築25年程度を超えた戸建ては、
よほど大掛かりにリフォームをした場合や、
程度が極めて優れているような家を除き、
家の価値をほとんど0に近い金額で査定していました。
それによって、中古住宅を購入して万が一、
建物に瑕疵があっても買主さんには、
もともと建物の価値は、ほぼ0なので、
売主さんへの損害賠償請求はできませんと説明していました。

こういったの理由で、建物を現況で無保証、
無調査で販売することは、
売主さんにも買主さんにも不利益な事なのです。

欧米の中古物件の売買には、非常に詳細な建物調査書が
必ず付随しており、それにより築100年の物件であっても、
ちゃんと建物に価値をつけてでも売買が成立しています。
イギリスでは、むしろ築年数が古いほど価値がつくことも、
珍しくありません。

全所得の何割かを割いて住宅を購入しても、
日本においては建物部分については数十年で、
価値が無くなってしまう事は、同じ所得でも欧米人に比べ、
日本人は、ゆとりが無い原因の一つなのかもしれません。

うかい不動産では、今後一部の物件については、
できる限り(売主様の承諾をえられれば)住宅診断を
実施していきたいと思います。


posted by U-kai(とも) at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月11日

カフェ店♪

みなさまこんばんわ

さらに寒くなってきてまた雪がちらつくこともあるのでしょうか?

そんなときにはぜひ暖かいコーヒーがタダで飲めちゃうカフェ店へお越しください☀

カフェ店といっても、いちおう不動産屋さんなのでちゃんとお仕事もしております


毎月、相談会も行っておりますので、住宅ローンのこと、新築するのがいいのか中古住宅をリフォームしたほうがいいのか?

などハウスメーカーさんには聞けないような事など月替わりでイベントをやっております!!


また、ゲリライベントとして、ご来店頂くだけで自動的に抽選の権利が手に入り、月に1名様に人気のアノ!家電をプレゼントしたり

など、県庁前住宅展示場のイベントに負けないキモチでスタッフ一同お待ちしております!!!


詳しくはカフェ店専用ページまで

と言いたいところですが、現在工事中で、まもなく完成しますのでこまめにチェックしてみてくださーい

めんどくさい方は、いっそのこと足を運んでみてくださいw

いまなら店長考案の新ホットドリンクもありますよーーーー!!!

岐阜市薮田東一丁目6-8 (県庁前住宅展示場様の西側、十六銀行ローンセンター様の下です)

                   nori70

posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月18日

終の住みかを考える


マイホーム探しのエリア選びとして
お客様が よく言われる事は

お子さんを転校させたくないので 学校区は変えたくない。

公共交通機関を利用して総合病院に通えるところ。

名古屋へ通勤しているので 駅近く。

ご夫婦双方の実家の 中間地点。

車の運転免許を取得してないので スーパー近く。

済み慣れているから 今住んでいる所から環境がかわらない程度の地域

などなど、現実的に毎日の生活スタイルによります。


今、私に
あなたは、どんな街に住みたいですかexclamation&question

と尋ねられたら

介護サービスを提供するための 

さらなる人材の育成、確保、生産性向上に

積極的に取り組みしている自治体が機能している街を選びたいです。

だけど、どこに尋ねればよいのでしょうか。

ご存知であれば、教えて欲しいです。

私みたいに、老後に不安を感じる方も少なくないと思います。

住み替えが出来るならば・・・・・の希望ですけどね。

こんな選び方も一つあるのではないでしょうか。

                              By あいママ















posted by どりげ岐阜スタッフ at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

心が暖まりました。

明日の岐阜は雪が降る予報です。
気温もぐっと下がって来ているので、風邪などには十分注意して下さいね。

さて、先日ご案内した中古住宅での出来事です。

今回は売主様が入居中の物件でした家
いつも、内覧前には室内を綺麗にお掃除をして頂ける売主様です。
今回も、いつも通りばっちり綺麗にされていました。
内覧中は、売主様・買主様共にお話しが弾み、世間話しやお互いのご家族の事で談笑されていました。
内覧というよりも、日向ぼっこの時間が多かったですね

買主様に、内覧されて如何でしたか?と訪ねましたら、
「物件は中古だから傷んでいる所・リフォームが必要なのは当たり前、今回は売主様とのフィーリングが合って気持ちの良い買い物が出来きそうです
と仰られて見えました。

翌日には、買主様より買付証明を頂きまして、現在ご契約の書類を作成させて頂いております

今回の様にお話しがまとまるケースは決して多くは無いですが、不動産のお取引きはやはり何かしらのご縁が有るなと感じる一日でした
売主様、買主様、有難う御座いました


TOKU

posted by どりげ岐阜スタッフ at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月11日

中古住宅市場

国土交通省は中古住宅を安心して売買できるよう2018年の施行を目指し、専門家が家屋の傷み具合を調べる住宅診断を促進する方針を決めました。

これにより不動産仲介業者は売買の仲介契約時に、住宅診断を行うかどうかを売り主や買い主に確認するよう義務付けられます。

中古住宅の売買が住宅取引全体に占める割合は、日本では約1割と言われます(日本の住宅は新築文化と言えますね。)

しかし東京都であっても2020年以降、本格的に人口が減少に向かうという中でこれ以上、新築を作るというのはどんどん空屋を増やして行くようなものです。

そこで中古中宅(しっかりと修繕、改修されたもの)の資産価値の残っていくようなシステムを構築して行こうという流れですね。

ちなみにこの診断が普及している欧米での中古住宅の流通は全体の7〜9割を占めます(欧米は中古文化ですね)

我々不動産業者も住宅の売却を依頼された場合、木造住宅であれば22年程度で資産価値はほぼゼロになってしまします。とお客様にお伝えしていますが、中には修繕、改築をしっかり施されて大切にお使いされている住宅もあります。

この様な不動産に関しては付加価値をみて査定額の上積みをさせて頂いておりますが、今後その基準がしっかりされる事は大変いい事だと思います。

日本の建てて壊すといった「スクラップ・アンド・ビルド」から、良質な住宅を新築して長く住み続けれる「ストック重視」への流れが出来れば、

何十年ものローンを組んで手に入れた念願のマイホームが20年そこそこで評価が無くなり(そもそもこの原価率にも疑問を持たれると思いますが・・・)

将来、売る事も次の家を買う事も出来ない今の状態から変わっていく気がします。

私、個人の考えとしては「新築」VS「中古」みたいな構図ではなくお互いが共存していき、マイホームを検討するお客様に多様な選択肢がある状況が出来るといいと思います。

その中で、我々も「ただ売る」という不動産業者ではなく、更なるプロフェッショナルな知識が必要になってくると思います。

是非、不動産の事なら鵜飼不動産が一番詳しい!と皆様から言われる様な会社を目指して行きたいと思います。


                                                                       By Sm

posted by どりげ岐阜スタッフ at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月25日

マナー

メリークリスマス!!


只今122521時チョイ前


皆様いかがおすごしですか?


聖なる夜はご家族や大切な方とデナー中な方も少なくないんでしょうねぇいいなぁ。。。


クリスマスに限らず年末年始はパーティや忘年会等、仕事の一環として食事をする事も増えますよね


マナーのマの字もない山男(苗字には一番最初にマが付きますがw)、たまたまマナーの記事を読んだのでシェアします!マナー完璧な素敵男子、素敵女子方は読み飛ばして結構です


まず、

◎ナプキンはテーブルの最上位の人がとったら、他の人もとりナプキンは二つ折りにし、ヤマになっているほうを自分のおへそ側に向け置く。口や指を拭く場合は、左上裏面を使用する。中座するときは座面に、帰るときは、綺麗にたたまずにテーブルの上に置く。←綺麗にたたむのは『食事に満足しなかった』というサインになるらしいです。


◎右手にナイフ、左手にフォークがカトラリーの基本で、西洋では左利きの人でも、このルールに従って食べる人がほとんどで、フォークを右手に持ち替えて食べるのはアメリカ式といわれており、間違いではないが高級店では行わないほうが無難らしいです。※だけどスープはスプーンを右手で持つ(もはやごっちゃw)


◎立食パーティーでは、右手を空けておくのが基本マナー。よって、ドリンクも左手でグラスをもちます。唯一食べるときは右手にフォークを持って食べて構わないそうです。


…お恥ずかしいですがほとんど実行できてませんでした()


と、不動産ネタとはだいぶズレちゃいましたが役に立っている方がいらっしゃる事を信じて

ここら辺で、、、では、よいお年を!



                         あ、メリークリスマス!by山男


posted by どりげ岐阜スタッフ at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月10日

☆空き家対策???☆

どうも!こんにちは〜
 寒くなってきましたが、絶対カゼ引かない元気なタマです〜

とはいっても、今年は暖冬ですね〜

冬といえば・・・・・
やはり乾燥が気になりますよね

お肌のカサカサ感とか・・・・・
お肌のシワシワ感とか・・・・・
お肌のヒリヒリ感とか・・・・・



乾燥でやはり気になるのは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・火災ですよね

住宅の火災で最近言われているのは、「空き家問題」

大きな問題となっている為、「全国空き家問題110番」という、日本司法書士会連合会が行った電話相談会では、377件の相談者のうち半数以上が敷地を含めた空家を処分したいという相談だったそうです。

 空家の原因として、一番多い原因は所有者の死亡が過半数を占めていて、入院・入居・転居・転職・転勤の順で多かったそうです。

私たちも、売却の相談を多く受けますが、今現在はお住まいのお宅でも、今後高齢になっていくために
管理費用や管理そのものが続けられるか、相続のために参考にしたいなど、将来への不安のために売却を検討されるというご依頼もたくさんあります

 インターネットから査定をして欲しいというご依頼が、とても多く、こういった背景があるんだな〜とつくづく感じざる得ません。。。

 ただ、やはり参考にされたいということであっても、私たちはお客様に直接お会いしてお話をさせて頂きたいな~と思います

それは、売却をされるのには、それぞれにそれぞれのご事情があると思いますので、参考にするだけであったとしても、直接ご事情をお伺いすることで、不動産の良い利用の仕方・処分の仕方を、いろいろご提案できると思います

ホームインスペクターの資格を持ったスタッフや、相続診断士もいるので、ご相談だけでもぜひ、お一人で悩まずお声掛けください


タマ







 




posted by どりげ岐阜スタッフ at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

不動産大イベント?

みなさんお久しぶりです あめ大臣です(*´ω`*)

こたつが大活躍な季節になりましたね 寒いです・・・

12月は不動産大イベント宅地建物取引士資格試験(宅建試験)の結果発表がございましたね

受かった方も残念だった方もお疲れ様でした

私はもはや受かっていますので蚊帳の外でしたが・・・(*´ω`*)ドヤァ

合格ラインは31点とのことでした昨年度に比べて1点下がり、2000年の30点以来、最も低い合格ラインとなったとのことです

全国の合格率は15.4%。15年度試験の申込者数は24万3199人(前年度比2.0%増)、受験者数は19万4926人(同1.5%増)

岐阜県では2078人の方が受け288人の方が合格されました、合格率は13.9% 

果たして名前が宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に変わったことによって注目され申込が増えたのでしょうか?

合格された方も実際使う方は半分いるのでしょうか?疑問なところです

これから 士業になる上で難易度も高くなってくるとのことです。宅建士を取りたいという方お早めに

免許をとったからといって慢心しないで私も日々勉強をし、お客様にわかりやすくご説明できるように努力します

国語より数学が好きなあめ大臣でした


posted by どりげ岐阜スタッフ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月23日

IT重説。

今後、インターネットを介してオンラインで行うIT重説が現実になるかも
しれません。
現在では対面に限定されていた、不動産取引の重要事項説明をオンライン
でも可能にするため重要事項説明の実証実験が進められています。
通常は不動産契約も場合は、不動産会社の担当者が契約書を前に置いて、
契約内容について説明した後契約書に捺印します。
これは「不動産取引の重要事項説明」と言い、宅地建物取引業法(宅建法)
で定められている必須事項です。
契約条件に関する重要事項の説明をしなければならないとされています。
「重要事項の説明義務」が採り入れられ、「宅地建物取引士による重要事項
の説明と記名押印」が義務づけられ。ここで「対面」に限定しているのは
不動産の契約事項は、物件ごとに大きく異なり重要な箇所が理解されない
ままで契約すると後々のトラブルに繋がりかねない懸念があるため
実際に相手の様子を見ながら丁寧に説明することでしっかりと理解して契約
に臨むことを想定されているためです。その「対面」での重要事項説明が
変わろうとしています。
重説のオンライン化は時間の節約も業務の効率化も期待できます。
この制度が実用されると遠方にお住まいの方との契約が効率よく進みます。
現場サイドでは大変助かる点は多いのですが。確かに物件によっては
難易度の高い内容を、契約者が理解しているかどうか分からないままに
非対面で説明を終えることで、重大なトラブルに発展する可能性はあります。
このようにどちらにしてもメリット・デメリットは発生しますが今後どうなって
いくのでしょう.
個人的には条件付きで賛成派です。     
                                       巨神兵
 


posted by どりげ岐阜スタッフ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月31日

データ改ざん事件



ども、店長です。

時事ネタのマイナンバーが出てきましたので、引き続き時事ネタで行きたいと思います!



最近ニュースで持ちきりの、地盤地耐力データ改ざん問題です。

地盤改良工事を担当した下請け会社の旭化成建材がデータを改ざんして支持層に届いていない改良箇所があったせいで、不同沈下が発生して建物に不具合(傾き、亀裂等)が発生しているという問題です。

販売会社や元請会社の責任はどこまであるのかという問題も提起されていますが、私がこの事件の一報を聞いた時、真っ先に脳裏に浮かんだのは、タイトな工期や少ない予算など、下請け会社への圧迫でした。

実際にどうだったかは判りませんし、だからといってデータを改ざんしたり流用したりする行為が正当化されるわけではありませんが、根底にはそういった根強い問題が存在している気がしてなりません。

姉歯建築士の構造計算書偽造事件の時にもあったように、過去の施工物件の調査が進められて続々と疑わしい物件が出てきているので、マンション購入を検討されている方は不安で仕方がないと思います。

私の担当しているお客様ではありませんが、中古マンションを検討されていた方で、この件で不安になってしまって購入をキャンセルされた方も実際にみえます。

ほんの一部の業者がこういった不正を行なっただけで、他も全部グレーに見えてきてしまうのが人間心理です。

ましてや今回のように大手の工事業者が不正を行なっていたとなれば、何を信じていいのか、という気持ちになってしまいますよね。



ただ、岐阜エリアは他の都市に比べると元々マンションの棟数自体がそれほど多くありません。

一戸建てと比較した場合のマンションのメリットというのは、利便性とセキュリティです。

セキュリティはともかくとして、利便性に関しては近隣に駅がないと成立しませんので、主な移動手段が自家用車である岐阜のような地方都市では、駅周辺の立地以外ではあまりマンションに居住する優位性というのが無いんですね。(勿論、他にも目減りしにくい資産価値であるとか、耐震性能、防火性能、庭の草抜きなどの煩わしさが無い、平屋感覚で住める、など色々なメリットはあります)

ですので、マンションだけを対象に不動産を探されているお客様も、全体からみると割合としては少ないです。

マンションか戸建てかで迷われている方や、中古戸建や建売のみを対象に探されている方、注文住宅を新築する計画で土地を探されているお客様というのが大多数です。

今回の一件で、さらにマンション専門で探される方が減ってしまうのではないかと思いますが、各マンションデベロッパーや管理会社もこの問題を受けて自分たちのマンションの施工時のデータをチェックしていると思いますので、不安な方は問い合わせてみるのも手です。

不同沈下は通常5年以内、長く見ても10年以内では傾きや亀裂などが発生してきますので、竣工からそれ以上経過していて問題無い物件に関してはひとまず安心と考えてもよろしいかと思います。

マスコミが必要以上に過熱報道するので、どうしても不安を煽られてしまいますが、自分の眼で見てしっかり判断していきたいところです。



とはいえ、データを改ざんして消費者の信頼を失った旭化成建材とフォルクスワーゲンには暫らく逆風の時代が続きそうですね。



JAY



posted by どりげ岐阜スタッフ at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記