2022年10月22日

宅地建物取引士

こんにちは!

10/16に宅地建物取引士の試験に行って来ました。

宅建という言葉は聞いたことがあると思いますが、実際、資格があると何ができるかご存知でしょうか?
今日は宅地建物取引士について知ってもらえたらと思います。

宅地建物取引士とは不動産取引の専門家(宅建士)を示す資格です。

独占業務としては重要事項説明書(35条書面)の説明と記名押印、売買契約書(37条書面)の記名です。


【売買での流れ】※購入の場合

@買付証明書(申込書)に記入を行い条件などの確認

A住宅ローンなどの融資の確認

B売買契約

C融資の本申し込み、その他契約条件の履行

D決済(引き渡し)

以上がざっくりした流れです。

Bの売買契約は重要事項説明→契約内容の確認→署名押印の順番となるのですが、重要事項説明は宅地建物取引士しかできない独占業務となります。
私は今まで資格を持っていなかった為、有資格者にお願いをしていましたが、合格をして登録を行い資格証の交付を受ければできるようになります!!

宅地建物取引士試験の内容は...

@権利関係(民法・借地借家法・区分所有法・不動産登記法など)

A宅建業法

B法令上の制限(都市計画法・建築基準法・国土利用計画法・宅地造成等規制法・土地区画整理法・農地法)

C税その他(固定資産税・不動産取得税・印紙税など)

D統計など

大きく分けて5つあります。
全50問(5問免除を使うとDが免除)をマークシート方式、試験時間は2時間です。

合格点は毎年変わります。難しい年は下がり簡単だと上がります!!
令和3年10月は34点ですが令和2年10月は38点でした。(ちなみに試験は年1回ですが、コロナで令和2年からは10月か12月のどちらか)

私の自己採点は39点でした!!合格をしてより良いサービスを提供できるように努力していきます!!

Ho


posted by うかい岐阜スタッフ at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月20日

農地売却

こんにちは!
今回は「農地売却(広大な)」の話です。
土地(農地)を相続され、昨今ですが、維持管理できない為、売却したいとゆうご相談を数多くいただきます。
一般的な宅地であれば150〜180uほどあれば十分です。
このあたりの面積ですと相場の坪単価を乗じた価格で売却できていきます。
それが売却されたい土地が農地など広大な面積(500u〜)の土地ですと、相場の坪単価を乗じたような数字ですと総額が大きくなりすぎて、一般のお客様が手の届かない数字になっていきます。
じゃあそうなったときに売却先がないかといったら、そういったわけではございません。
鵜飼不動産のような土地分譲業者が分譲地として販売する為に購入できます。
商品(分譲宅地)に仕上げるためには造成工事など様々な経費が発生していきます。
必要経費を試算し、最終、買取金額をお伝えする事になります。
もし農地売却でお困りであれば、一度、ご来店されて、ご相談下さい。
Gt




posted by うかい岐阜スタッフ at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月29日

値上げラッシュ

こんにちは!

さいきんの夜は少し涼しくなってきて、秋の匂いも感じますね✨

さて、タイトルにもあるようにロシアの影響でガソリンが値上がりし、最近はそれに伴い物流コストの上昇や材料費の値上げで、モノの値段がかなり上がってきました⚡

そして、アメリカの金利引き上げの影響で円安が進み、今日にでも140円台に到達しそうな勢いです。。。

モノの値上がりはインフレするので仕方ないのですが、最近の建築資材の値上がりは目玉が飛び出るほど上がっています

上記の2大要因に加えて、コロナの影響で建築資材の輸入元であるアメリカで住宅需要が大幅に増加しました

これによって、ざっくり言うと「アメリカでたくさん新築建てるのに木使うから、輸出してる余裕なんて無いでーす」みたいなことで日本に木が入らず、、、

じゃあ、日本国内の木を切って住宅用に使おう!

と思ったものの、建築現場ではここ何年も安い輸入木材を使用していて、日本の木なんて使っていなかったから、木を加工する工場が少なくなったんですよね

でも供給自体が足りないので、数少ない加工場に仕事が殺到したら、加工場も「高い値段なら」と値段が上がり、、、、

建築屋さんも木が無いと仕事にならず、輸入材が入ってこないので、仕方なく高い国産材を使い、、、

と、おおまかに言うとこんな感じで「ウッドショック」が起こったワケです⤴

で、その当時は木の先物も大幅に上がりましたが、現在はコロナ前まで下がっています。

無題.png

先物は価格が激しく上下していて、それに合わせて売値を決めると値段がコロコロ変わってしまいます。
昨日と今日で値段が変わっては買う側は困るので、一定の「幅」を持たせて材木屋さんは建築屋さんに販売するのですが、いまの水準になれば木の値段は下がってもいいのに下がらないんですよね✋

それに加えて、半導体不足で給湯器やトイレ(ウォシュレット)も足りなかったり、、、

いまは何かと値段が上がっているので家を建てると「損」と仰る方もみえますが、来年まで円安が進む傾向で今の傾向を見ていると、来年にすべての値段が戻るわけも無く、良くて「現状据え置き」、悪くてさらなる値上げも有り得ると感じます💦

「家は建てたいと思ったときが買い時」

なんて、家は勢いで買えみたいな言葉もありますが、8割くらいはその通りだと思います

あとの2割は、資金計画を間違いないように。

ですね🎵

予算組みやエリアのご相談、建築屋さんのご相談も受付中ですのでお気軽にお声掛け下さいませー💡

nori70


posted by うかい岐阜スタッフ at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月15日

正直不動産

先月までNHK総合で「正直不動産」という、
ドラマがやっていましたが、大変視聴率が高く、
再放送も3回やったとのこと。
私はドラマは見ていませんでしたが、
原作のコミックはほぼ全話見ています。

昔、民放でやっていた「家売るオンナ」も、
不動産会社に勤務する主人公の話でしたが、
どちらもこういうドラマで描かれる不動産会社は、
情報弱者であるお客さんに対し、
不利益を隠したり、メリットを強調して、
まるで手玉に取るようにして契約させようと描かれます。
よく知人、友人、家族にまで、
不動産会社って実際もあんな感じなの?
って聞かれたりするのですが、
少なくとも私の知る限り岐阜の業者では、
お客さまをカモるような人はいません。


もう20年以上前の私が不動産の仕事を始めた頃、
ある業者さんのところに挨拶に行ったところ、
「若い人とお金のない人は、政治家と不動産屋は、
やるべきじゃない。」
と言われて、まだ若かった私はその瞬間強い反感を
覚えたのですが、よくよく話を聞いてみると、
「不動産屋や政治家は、自分よりも依頼者を一番に考えて、
自分の損得よりも、お客さんの損得を最優先で、
仕事をしないと責任を果たせないけど、
若い人やお金が無い人はそれが出来ないから、
やるべきではないのです。」
とのこと。確かにその業者さんは、
長い間会社の経理をやっていて、
定年を転機に不動産会社を始めた方で、
税務の専門知識にも長けていて、
地主さんが売却する相談に乗る時も、
一番税務上有利になるように、手取りが多く残るように、
決して売り急がせずに、長期的な売却計画を提案されます。

当然のことながら、地元の人の信用もとても厚く、
正に正直不動産のお手本のような方です。
その人に限らず、私が尊敬する同業者の先輩方は、
先ずはお客様第一で、お客様の不利益になるような事実を
隠すことはもちろんありませんし、
私自身も先輩方を見習うべくカスタマーファーストを
いつも心がけています。

例えば、昨年の10月に、
「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」
が公表されましたが、その内容としては、
売却物件内で自然死した場合は、特殊清掃が必要な場合を除き、
告知の義務がなくなりました。
自殺の場合も3年経過後は告知しなくてもよくなったのですが、
弊社の社内の告知に関するガイドラインは、
お客様が購入後に聞いた時に嫌な気持になる可能性があることは、
事件発生から何年たっていても告知するとしています。
ですので、40年以上前の事故や事件も告知しています。

お客様を自分の身内や友人と同じように、
関係性が一生涯続くと思って対応するのが原則だと思っています。
そして、今後も、会社の売上よりも、成約アンケートでの
お客様からの感謝の一言を喜んでいきたいと思います。

posted by U-kai(とも) at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月03日

大手銀行住宅ローン金利アップ!

先日ネットニュースを見ていたらこんなニュースが…

三菱UFJ銀行など大手銀5行は30日、7月の住宅ローン金利を発表! 

長期金利の上昇基調を踏まえ、5行が代表的な固定期間10年の基準金利を引き上げた。

上げ幅は三菱UFJ銀、三井住友銀行りそな銀行が0.05%、みずほ銀行が0.15%、三井住友信託銀行が0.20%。

引き上げ理由はコロナと円安でしょうか…

いわゆるメガバンクなので私は全く馴染みが無いですが、メインバンクとして利用している方もお見えになると思います。

住宅購入を検討されている方は、ローン金利はみなさん気にされますし、「〇〇銀行さんて金利何%くらいですか?」とご質問頂くことも有ります。

その場合は銀行さんも(地方銀行が多いです)ご紹介致しますのでお気軽にご相談下さい。


posted by うかい岐阜スタッフ at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月18日

照明

これまでの一般的な日本の照明は天井から照らすタイプで蛍光灯が使われている事が多いようでしたが、

近年では LEDを採用した照明器具が普及し、光の色味も選べるようになりました。

照明は暮らしの快適さを左右する重要なポイントと思います。

築浅物件のご案内時にも リビングに洒落た照明が設置してあると お部屋を引き立ててます。

私の自宅も築15年近く経過しております。

リフォームやリノベーションまでは必要となってはおりませんので 

まずは照明器具から検討する方法で 室内の雰囲気を 洒落た感じ出来ないものかなぁと

となると 天井や壁の古い器具をはずすと固定位置の穴やクロス経年劣化のあとが となるとクロス張替えも

出費を考えると なかなか踏み切れず ここ最近過ごしています。 

                           byあいまま



posted by うかい岐阜スタッフ at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月12日

日進月歩

先日、とある業者様とご契約をさせて頂きました。
その際、いつも通り製本確認して、印鑑押して、、、と思っていたら書類に何か違和感が、、、

「私」○○さん、取引士の印鑑忘れてますよ!!

「○○さん」今日から取引士の押印不要になったんだよ?

「私」え〜〜〜!?!?それは手間が省けてになりますね〜〜


といいつつ、違和感に耐えられず私は真顔👤で普通に押印しました、、、
長年やって来た事が、突然やらなくて良いとなるとラクになる反面少し不安を感じる事があります。
これは、古い考えなのか、体質なのか、、、

これまでの不動産業界は、重要事項説明書や37条書面等について「紙による交付」が義務付けられていたため、電子契約化が遅れていました。
今回の法改正によりこれらについて「紙による交付」が不要となったため、今後電子契約化が進んでいくと思います。

また新しいことが始まる期待と、覚えるこ事が増える面倒さに葛藤する日々が増えそうですね、、、

近いうちに法定講習が有るので、その辺の講義も有ると思います。

しっかり勉強して参ります📝


       TOKU

posted by うかい岐阜スタッフ at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月21日

副理事あめ 〜修繕積立金UPをそえて〜

どうもこんにちわ あめです

ちょっとまえに住んでいるマンションよりお手紙が 修繕積立金値上げについて とのこと もともと住んでいたマンションは割りと修繕積立金が安く ずっとこのペースならいいのになぁと思い過ごしていたところ値上げの話に

マンションなので少なからず 管理費、修繕積立金というのはかかってきます、基本修繕積立金は築年が新しいほど安いです。まぁ単純に修繕するところが少ないからですねー 築年数が経てば経つほど外壁の塗替えやインターホンの交換などがあるので費用がかかるのはしょうがない話ですねー 実際私のマンションもめっちゃ新しい宅配ボックスがつきましたので お金を無駄に払っているわけでは無いのでご安心を〜

話はもどして 私のマンションのことですが いくらぐらい上がるのかと確認したところ 
プラン1 今から約3倍アップ
プラン2 徐々に上がっていく←最終3倍よりあがります
ブラン3 現状維持 ←マンションボロボロのまんまになるのであまり現実的ではない

( ゚∀゚)・;’.、グハッ! 急に上がりすぎじゃねwwwwwびっくりして笑えてくるわwww

やっぱ安すぎて足らなくなってきたんだーと思いつつ流石にしんどいのでプラン2でアンケートを提出 それから何回か話し合いが行われ最終的にプラン2になりました

みなさんもマンション購入の場合は管理費、修繕積立金は要チェックですよ

そんなことがあり先日またお手紙が 〜役員役職互選会出席願い〜 
( ゚∀゚)・;’.、グハッ! 私もう役員になる年なのかwww

来る当日 コロナの関係でマンションのホールに役員候補の4人(私を含め)が出席 理事長は昔からの方にやっていただくことに 他の役員は副理事 理事 監査 その他の人はくじ引きで決めることに 
私昔からくじ運はいいので副理事の椅子をゲット 初めてのことのため何をやるかわからず書類をみると(理事長が止む終えない理由があり遂行できなかった場合の補佐) ・・・見てもよくわからん とりあえずこのマンションのナンバー2ということなのだろう

まだ役員引き継ぎ会などはないので いまだに何をやるかわからんですが 与えられたミッションを頑張ろうと思った最近でした

あめ









posted by うかい岐阜スタッフ at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月16日

登記事項証明書(登記簿謄本)

あなたは不動産の登記簿謄本を見たことはありますか?また、取得したことはありますか?



不動産は重要な財産であるため、所在、面積、所有者、権利関係などの情報を記録する必要があります。



その情報を記載したものが、「登記事項証明書(登記簿謄本)」です。



意外に思われる方も多いかもしれませんが、登記簿謄本は土地や建物の所有者でなくても取得可能なのです。



法務局に行けばどこの土地でも、誰でも取得できます。(有料です)



これを不思議と思われる方もいるとは思いますが、誰でも取得できる=情報を公にすることによって、土地建物の名義人や権利関係を確認できるため、不動産取引の安全が図られています。



そんな登記事項証明書(登記簿謄本)ですが、不動産仲介をしているとごく稀に事実と異なった情報が載っている場合があります。



例えば、所有者は山口さんなのに山田さんになっている。



これは例えですが、これに近いことが少し前にもありました。



そんな場合でも法務局に関係書類を持っていけばすぐに直してもらえます。



不動産を所有されている方は今一度、確認されてみてくださいね。


posted by うかい岐阜スタッフ at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月25日

元は街の電気屋さん!!

昨年の3月頃に購入頂いたお客様のお店に行って来ました!

お店の名前は「みのカフェ manaka」さんです‼
IMG_5603.JPG

姉妹でカフェを開くという事で私が担当をしていた物件を購入頂きました。

場所は美濃市俵町の目の字通りに西にあります。
3階建て建物で西側の外壁にはかわいらしい絵があります。西側隣(絵の描いてある壁側)に無料の駐車場がありますので便利です!
IMG_5602.JPG

郡上市で物件案内をした帰りにコーヒーを頂きに行きました。
あったかいコーヒーは香りも良くモーニングもとても美味しかったです!
IMG_5590.JPG


次回はランチを食べにお邪魔します!

2階はダンススタジオ(元は和室)


3階は民泊部屋(元は洋室)


階段回り


1階の電気屋さんだった部分→今はカフェスペースなので実際にお店に行って見て下さい!


お店の写真


オーナーはとっても可愛らしい方で妹さんも楽しい方です!
購入前に現地で打合せをして、改装の見積もりを取って大変な部分もあったかと思いますが、やりたい事を叶えていく姿がとても素敵だと思いました。

私にとって思い出に残る仲介でした!

築年数が経っている建物も使い方によって見違えります。リフォームなどのご相談もお気軽に!

Ho

posted by うかい岐阜スタッフ at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月15日

解体工事

こんにちは!

古屋が建っていると解体工事が必須となってきます。

木造の建物で、通常、解体業者が工事申請を出して解体して更地になってきます。

たまにですが木造以外に、RC造(鉄筋コンクリート造)の時もあります。

このRC造の場合、アスベストの検査が入ってきます。

昔に建築されたものですと、アスベストが使用されているものがあります。

アスベストが検出されるとどうなるかとゆうと、処分費が高額になります。

ざっくりですが、出ない場合の見積金額の2倍ほどになります。

話が進んでいき、工事に取り掛かって、アスベストが出たから金額が2倍になりますでは、たまったもんじゃありません。

その為、最初の見積時点で、アスベストの検査だけでもしておいた方がいいと思います。

RC造の建物解体が絡む場合は要注意です。

Gt









posted by うかい岐阜スタッフ at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月04日

暖かくなると忘れがちな、アレ

こんにちは!

今日から本格的に暖かくなり、梅雨まで陽気な日が続きそうですね☀

さて、タイトルの内容ですが、これから注文住宅を建てられる方に良く聞いて頂きたいのです👂

それは「断熱、気密」です!

いろんなハウスメーカーさんからお話聞く限り、寒い時期に建てる方は、床暖房の設置率がかなり高いそうです!

これは、建物の打合せ時期が寒いと、みなさま寒さを意識したお家にされるようで、、、


何を隠そう、私の自宅もそうでしたw

寒かったので床暖房は必須と思っていましたが、建築屋さんから何度も止められました。

「いままでそう言って床暖房を設置した方が多いけど、みなさんほとんど使っていない」と、、、

当時は半信半疑でしたが(スミマセンw)、いまは信じてよかったです

そもそも、床暖房を入れると床を無垢材に出来ないと言われ、「床暖房と無垢フローリング」の2択を迫られました⚡
(予算があれば、表面だけ無垢のフローリングを選べて、床暖房との両立可能でした)

家ではハダシなので、フローリングは無垢必須。

でも寒いのは嫌い

色々調べると、フローリングと無垢材では熱伝導率が違うので体感に違いが出ると。(冬に、鉄と木を触ると、鉄のほうがヒヤっとする。アレです)

なので、無垢を選ぶと、若干寒くなさそうなので、無垢を選択!

実は、これにはもう一つ後押しの要因もあり、建築屋さんから「最近の家は、性能上がってるからそんな寒くないよ」と。

職業柄、古いお家に入ることは多いので、冬は極寒のイメージでした⛄

性能高いならマシなのか?

いや、「マシ」ってどのレベルで寒くないのか、、、

未知でしたが、信じることにしました✊

その結果、、、





マシ!



でしたw☀

エアコンは24時間稼働しているので、冬は加湿器必須ですが常に短パンで過ごせます。

太陽光があるので、実際の電気代は1万〜1.5万程ですが、結論は建築屋さんを信じてよかったです❗

もう少し欲を言うなら、断熱はUA値0.6ですが気密の数値が2.6だったので、もう少し気密が高スペックなら電気代も下がって快適だったかな?と感じます(その分、金額は上がりますが、、、)。

長くなりましたが、不動産は毎日暮らしていくものですから、四季の想定が大事です。

建物は対策すべき点が多いですが、土地も四季を通じて検討すべきです。

例えば、私は虫が嫌いなのですが学校目の前の物件はあまり好きではありません。

なぜなら、学校に植えてある桜の木が近いと、毛虫が出るからです💥

更に、堤防が近いと、そこに植えてある桜の葉っぱが落ちて、駐車場が落ち葉まみれになったり、、、

こういったお話は住んでみて分かる事ですし、近所の方に聞き込みしても「日常」過ぎて聞き取れなかったりします。


土地や、中古物件を検討される際は、周辺環境を良くご覧頂いて、、、

ご覧の際は、四季を想像してみると後悔のない物件を選びやすくなると思いますよ☀


nori70

posted by うかい岐阜スタッフ at 10:55 | Comment(0) | 日記

2022年03月14日

平屋建がブームです。

ここ数年、うちのお客様の中でも新築で、
平屋の住宅を建てる人が増えてきました。
昔は、平屋といえば母屋の脇に離れとして建てるとか、
昭和の40〜50年代に公団の建売でしか見なかったのですが、
最近は、特に20〜30代の人が新築する際にも、
平屋を選ぶ方が本当に増えています。
感覚的には10人に1人くらいの方が平屋を建てている感じ。

昭和の平屋といえば、あのサザエさんもちびまる子ちゃんも、
平屋ですが、あの当時は庶民は平屋が多い時代でした。
そうれに比べて、最近の平屋はどちらかというと、
大型で高級感があるものが主流で、
昔の借家っぽさや、公民館っぽさも全然ありません。

bb9720cfb004cbf61c47e9b886d0b2bb_t.jpeg

一昔前の平屋

publicdomainq-0038415tne.jpg

最近の平屋

では、人気の平屋を建てるには何を知っておくとよいのでしょうか?
まずは、平屋のメリットから。
1.階段が無い
  階段の上り下りが無いから、掃除も楽で、高齢になっても安心
2.耐震性が高い
  2階が無いので、家が倒壊するリスクはとても少ないです。
3.間取りの自由度が高い
  変形地にも対応させやすいです。

では、デメリット
1.坪当たりの建築費が高くなる。
  屋根と基礎の面積が広くなるので同床面積の2階建より高くなります。
2.広い敷地が必要。
  建ぺい率といって、敷地面積に対しての建築面積の上限が、
  ほとんどの地域が50〜60%と決められているので、
  35坪(3LDK〜4LDK)くらいの床面積の建物を建てたい場合は、
  60坪以上の土地が必要となります。
3.水害に弱い
  例えば洪水が発生した場合、2階への避難や家財の保管が出来なくなる。
 
広い土地が必要な事から、比較的に地価の安い郊外で家を建てたい人や、
小家族の方、高齢者の方には平屋は良い選択肢だと思います。
最近はニーズに合わせて、多くの工務店さん、ハウスメーカーさんが、
平屋建てのプランをそろえてきています。
もし平屋をご希望の方はご要望に沿った建築会社さんをご紹介いたしますので、
お気軽にご相談ください。



posted by U-kai(とも) at 17:19 | Comment(0) | 日記

2022年03月01日

ポジティブに変換してみる

不動産探しのきっかけは 様々です。

災害でお家が住めない状態になったから物件を
病気で連れ合いに先だたれ 一人になったからこじんまりした物件を
事故で子供を亡くされてから 家族がばらばらに・・・実家近くで物件を

過去の悲しい出来事を話して下さるお客様方もいらっしゃいます。
だけれども その出来事の悲しみから回復され 不動産探しをされてます。
すごいな〜と思います。

この様なお客様の お言葉をお聞きすると
手前がかかる仕事、面倒な仕事を ポジティブに変換して
やりがいのある仕事ととし 人の為に頑張ろうと 信じられない力が湧いてきます。
言葉を自分なりにポジティブに変換して 
言葉が変われば 行動が変わり 次に行動が変われば
良い縁に結びつくように思えます。

           byあいまま






posted by うかい岐阜スタッフ at 13:59 | Comment(0) | 日記

2022年02月15日

この時期は

毎年、お客様の動きが滞っている印象を受けます

今年は特に、コロナの事・ハウスメーカーさんの値上げの事もあり、色々な要因で二の足を踏んで見える方が半分ぐらい、後の半分の方は今お値打ちに購入出来る物件もあるという事で、いつもよりたくさんの物件をご覧になられて検討される方もお見えになります。

売られている方も、やはり問い合わせが減って来たり競合する物件が早く売れていくと内心焦りが出るものです

そこでタイミングよく検討をされている方が見えると、通常の価格交渉ではなくお値打ちな金額で購入出来たりします🏠

その様な情報を弊社からお客様にお伝えさせて頂くた為に、お客様からも探されている条件、エリアや予算が変更になった場合もご遠慮無く担当スタッフにお申し付け下さい

お客様にピッタリの物件をご紹介出来るチャンスが増えますよ




そうそう、気が付けば、バレンタインでしたね。

女性スタッフから男性スタッフへ戴きました

お気遣い戴きありがとうございます
IMG_4502.JPG

                          TOKU

posted by うかい岐阜スタッフ at 17:13 | Comment(0) | 日記

2022年02月13日

住宅ローンどこで組む?

皆様こんにちは

不動産を購入する際、現金一括で購入出来る方はあまり多くはないと思います。

そこで皆さん(私もですが)利用されるのが金融機関で融資を受けてローンを組む!という選択になると思いますが

どこに聞けばいいの?誰に相談すればいいの?というご相談を受けたりします。

大体は既に取引のある銀行、例えば給与の振込先にしている銀行でしたり、各引き落としに利用している口座の金融機関になると思います。

それ以外で、どこか金利が安いところ教えていただけませか?と質問も頂いたりします。

大体は弊社でお取引の有る地方銀行やJAさん等をご紹介することが多いのですが、

先日ネットを見ていたら、【人工知能(AI)が最適な金融機関のローンの提案を開始】というニュースがありました。

東京の住宅ローン比較サービスを提供する会社が開発したらしいのですが…凄いですね。

今では保険の比較などでも全てネットで、スマホひとつで選択できる時代ですので当然の流れかもしれませんが、少しついて行けてない自分がおります笑

皆様お忙しい時間を過ごしていると思うので、各銀行の金利等を一々調べるのもかなりの手間になりますので、これは大変便利だなと思いました。

今後住宅ローンを利用する際がありましたら、参考までに比較サイトでAIに提案してもらうのも有りかもしれませんね!



posted by うかい岐阜スタッフ at 15:55 | Comment(0) | 日記

2022年01月18日

買戻特約

『買戻特約』という用語を御存じでしょうか。


不動産業に携わっていらっしゃらない方は、あまり聞きなじみのない言葉だと思います。


不動産の登記事項を見ていると目にすることも多々あります。


『買戻特約』というのは不動産の売主が買主に対して一定期間内に売買代金等を返すことにより売買契約を解除して所有権を取り戻せる、というものです。


住宅供給公社や都道府県などの公的機関が買戻権者(売主)のケースが大半です。


なぜ買戻特約を登記するのでしょうか。


理由の主な一つが、買主が土地を譲り受けた後に土地を転売しない・住宅を建てる等の条件を守ってもらうためです。


期限の決まっている買戻特約ですが、自動的に登記が抹消されるわけではありません✋


不動産を売却する場合は売主が事前に抹消して、登記簿上何も権利がついてない状態で、買主に引き渡す必要があります。


不動産の売却予定がなくても、期間の経過した買戻特約が登記していることに気がつかれた場合は、あらかじめ抹消しておくのもいいと思います。


『買戻特約』のついた不動産の売却を考えられていらっしゃる方は、鵜飼不動産に是非ご相談くださいませ✨✨

posted by うかい岐阜スタッフ at 09:36 | Comment(0) | 日記

2022年01月06日

こどもみらい住宅支援事業

こんにちわ あめです

あけましておめでとうございます 本年もよろしくおねがいします

お正月は子供と遊ぶこと(最近はニンテンドースイッチ)が多かったあめですが そんな子育て世代に朗報です

去年11月に国土交通省からこどもみらい住宅支援事業を創設されました。

これは子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図るためのものです 国土交通省HPより引用

簡単に言うと子供がいる世帯の自宅をエコ仕様にすると補助がでるので、子育て世代の補助とエコのハッピーセットみたいな感じでしょうか・・・・?

詳しい概要は下記の国土交通省HPより参照ください

新築を建てられる方は60万〜100万の補助がでるとなるとでかいですねー
住宅を考えることで多いのがやはり子供ができたからというのがあるためこれはうれしい
住宅ローン減税が少し変わったりと色々ありましたが国も色々考えているんですね

去年はウッドショックやユニットバスやトイレが品切れなどあり今、家を建てるのがはたしていいのかどうか考える方は結構いたかと思います。
ではいつが建て時と考えると私個人的な意見で申し上げると やはり建てたいと考えたときは建て時なのではないでしょうか?
しかし私もそうですが動くとなると非常にめんどくさいです、そんなときは一度だけ頑張っていただき相談ください。エリアなど何も決まってなくても大丈夫です。色々お話をさせていただき、エリア、予算、建物の雰囲気などなど あなたにベストな提案をさせていただきます

大晦日にPS5が購入できてウキウキな あめでした


posted by うかい岐阜スタッフ at 15:45 | Comment(0) | 日記

2021年12月07日

住宅ローン減税

こんにちは!長良店のHoです!

今日の朝、新聞を見ていたら住宅ローン減税の概要が出ていました。

購入を検討してみえる方は皆さんは気になるお話だと思います!

<変更点>※一般的な新築住宅の場合

・期間2021年末→2025年末
・控除率1%→0.7%
・減税額400万円→273万円
・控除額40万円→21万円
・年末のローン残高(最大4000万円)→(最大3000万円、2023年末まで以降は引き下げる見通し)
・減税期間10年(消費税10%後は13年)→13年 
・対象者の所得3000万円以下→2000万円以下

・中古住宅の場合の年末のローン残高は最大2000万円で期間は10年

控除率が下がったのは利子より減税額が多くなる為となり、所得要件が下がったのは富裕層ほど高額の融資額となり恩恵をが大きくなるためです。
上記の概要が決定するのは10日の見通しです。


Ho




posted by うかい岐阜スタッフ at 16:29 | Comment(0) | 日記

2021年11月23日

5年〜〜〜

こんにちは長良店のGtです。

前職の美容師をやめて早5年・・・

不動産業に転職した理由も叔父が不動産業だから・・・

最初は苦難の連続。

そりゃ、髪の毛しか触ったことない美容師が不動産営業だから・・・

ただなんだかんだで今できているのは、周りの方々のサポートがあったからだと思っています!!!

最近はお客様に嬉しいお言葉を頂くことも多くなってきました。

現状に満足せず、これからもいいサービスを提供できたらなと思っています。

Gt




posted by うかい岐阜スタッフ at 17:03 | Comment(0) | 日記