2022年05月16日

登記事項証明書(登記簿謄本)

あなたは不動産の登記簿謄本を見たことはありますか?また、取得したことはありますか?



不動産は重要な財産であるため、所在、面積、所有者、権利関係などの情報を記録する必要があります。



その情報を記載したものが、「登記事項証明書(登記簿謄本)」です。



意外に思われる方も多いかもしれませんが、登記簿謄本は土地や建物の所有者でなくても取得可能なのです。



法務局に行けばどこの土地でも、誰でも取得できます。(有料です)



これを不思議と思われる方もいるとは思いますが、誰でも取得できる=情報を公にすることによって、土地建物の名義人や権利関係を確認できるため、不動産取引の安全が図られています。



そんな登記事項証明書(登記簿謄本)ですが、不動産仲介をしているとごく稀に事実と異なった情報が載っている場合があります。



例えば、所有者は山口さんなのに山田さんになっている。



これは例えですが、これに近いことが少し前にもありました。



そんな場合でも法務局に関係書類を持っていけばすぐに直してもらえます。



不動産を所有されている方は今一度、確認されてみてくださいね。


posted by うかい岐阜スタッフ at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック