2022年04月15日

解体工事

こんにちは!

古屋が建っていると解体工事が必須となってきます。

木造の建物で、通常、解体業者が工事申請を出して解体して更地になってきます。

たまにですが木造以外に、RC造(鉄筋コンクリート造)の時もあります。

このRC造の場合、アスベストの検査が入ってきます。

昔に建築されたものですと、アスベストが使用されているものがあります。

アスベストが検出されるとどうなるかとゆうと、処分費が高額になります。

ざっくりですが、出ない場合の見積金額の2倍ほどになります。

話が進んでいき、工事に取り掛かって、アスベストが出たから金額が2倍になりますでは、たまったもんじゃありません。

その為、最初の見積時点で、アスベストの検査だけでもしておいた方がいいと思います。

RC造の建物解体が絡む場合は要注意です。

Gt









posted by うかい岐阜スタッフ at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック