2020年12月07日

固定資産税据え置き?

こんにちは、岐阜中央店HUです。

私はこれが今年最後のブログになります。

さて、本日は不動産を既にお持ちの方、マイホームの購入をご検討されている方には朗報になるかもニュースが届きました。

それは、2021年度の固定資産税額が2020年度と据え置きになるというニュースです。

ただしこれは、2021年に納税額が上がる予定だった、商業地や住宅地など全ての土地が対象という内容です。

なんだよ〜自分には関係ないじゃん…と思うじゃないですか?

ちょっとお待ちを、実はまだ話の続きがありまして…

当初政府与党は、新型コロナウィルスで経済が悪化していることをふまえ、商業地だけを対象に税額をおさえることを検討していましたが

来年度(2021年)に限って、商業地だけでなく住宅地や農地等すべての土地を対象に、来年度は、税の負担が増えないようにする方針を固めました。

地価が下落したことで、今年度より課税額が減る土地はそのまま減税となります。との事です!

最近は毎日数千人単位でコロナ患者が増えています、また外食産業や小売店、各企業にも大きく影響が出ている大変苦しい現状ですが
、これを聞き少しだけ救われた気持ちになりました。

今年も残すところ4週間を切りました。

来年にはコロナもワクチンで収まり、マスクをしなくても外を出歩ける日常になることを祈りつつ年内の業務に励んでいきたいと思います。

皆様も体調にはくれぐれもお気をつけて下さい。

それでは良いお年を

posted by うかい岐阜スタッフ at 17:46 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: