2019年08月23日

物件状況確認書(告知書)

こんにちは!

今回は物件状況確認書(告知書)のお話をさせて頂きます。

物件状況確認書(告知書)とは

不動産について「隠れた瑕疵」がある場合には、売主は無過失責任を負うことになっていますが
売主 が「隠れた瑕疵」を知っていて告げない場合は、さらに深刻なトラブルをまねくことになります。
国土交通省では宅地又は建物の過去の履歴や隠れた瑕疵など、売主や所有者しかわからない事項について
売主 からの告知書を提出することにより、将来の紛争の防止に役立てることが望ましいと指導しています。

買主様には契約前に法令上の制限や現状、雨漏りなど目視で確認できる事など私達が調べてお伝え致しますが
実際に土地、建物を使用していた所有者様(売主様)にしか分からないことがあります。

どういった内容をお伝えするかと言いますと…

土地であれば、敷地の境界の越境、過去の浸水の被害、事件、事故、火災、地中に埋設されている井戸や基礎、瓦礫など御座います。

建物ですと雨漏り、白蟻被害、増改築や給排水の故障、建物の傾きや腐食、不具合などあります。

他にも周辺環境(騒音、臭気、近隣との決め事)などの項目が御座いますが細かく知ってみえることを売主様にお答え頂き買主様にお伝え致します。

契約前に買主様が納得して物件を契約して頂き、引き渡し後には安心して土地、建物を使用して頂くのが不動産業者として大事なことだと思っています。

長良店 Ho


posted by どりげ岐阜スタッフ at 21:11 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: