2019年07月25日

のうち

こんにちわ こんばんわ おはようございます あめ大臣です

今回は農地についてご説明させていただきます

農地(のうち)は、耕作の目的に供される土地のことである。耕地とも。これ以外の土地で、主として耕作もしくは養畜の事業のための採草または家畜の放牧の目的に供されるものは、とくに採草放牧地というが、広義にはこれを含み、農用地ともいう。さらに広い意味での農地は、農畜産物の生産、貯蔵などのための農業用施設用地も含み、農場と呼ばれる。 wiki引用

とありますが 我々が農地というのは 登記簿の地目 と 課税地目になります。

もし農地であった場合、農地転用が必要となります 農業振興地域というのもありますがそれはまた今度に・・・

登記簿の地目が宅地の場合でも課税地目が田もしくは畑の場合、農地転用が必要なので注意です

市街化区域では 農地転用の届け出   市街化調整区域、非線引き区域では農地転用の許可

上記の2つ同じように見えるかと思いますが届け出許可は違うものになります。
届け出は提出物を揃え署名などいただければ提出するだけでオッケー  許可は提出してもだめな可能性もあります。
費用も違ってきますので注意が必要です

また市町村によって農地転用の承諾をいただける期間、受付日も違います、長いところだと承諾を得るのに2ヶ月ぐらいかかる所も・・・

物件資料に 地目が田、畑と書いてあったり、農地法などの記載がある場合はご注意ください

短くはなりますがざっくり農地転用のご説明でした、詳しく聞きたい方はまた店舗にご連絡ください、しっかりと知識をもったスタッフが対応させていただきます


最近暑くて溶ける あめ大臣 でした




posted by どりげ岐阜スタッフ at 15:55 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: