2018年06月23日

☆2019年10月 消費税増税☆

みなさん、こんばんは〜

本日は、いよいよ来年の10月より施行される消費税増税について

皆様ご存知のように、2019年10月より消費税率が10%に増税になる予定です

「消費税」というくらいなので、マイホームに関係があるのか否か・・・ぺしぺし



「マイホーム」とは、土地建物ですね^^


土地は、消費しません。。ので、消費税はかかりません
建物は、消費すると考えますので、消費税がかかります


つまり、土地と建物は、土地には消費税がかからないけれど、建物にはかかります。。。


例えば・・・・5000万円の新築一戸建てを購入したとします

このうち、2000万円が土地代金の場合。3000万円が建物の価格になりますね

この場合の現在の消費税額は、<3000万円×8%=240万円
これが、10%に増税後は、<3000万円×10%=300万円>となり、60万円の差が・・・


・・・・でもこれは、あくまで新築の一戸建てや新築マンションなどの場合


中古の戸建や中古マンションは、個人が売主の場合は消費税はかかりませんが、業者が売主の場合や、リフォームの費用には消費税がかかってきます・・・・・ややこしいですね


その他、消費税がかかるのは、諸費用と言われる部分です


購入時にかかる諸費用で対象になるのは、仲介手数料、住宅ローン事務手数料、登記費用のうち司法書士報酬など

こういったところも、整理しておきたいところですね


あとは。。。時期


工事完了(引渡し)時点の税率となるのですが・・・・

2019年3月31日までに契約したものには、経過措置として、引渡しが2019年の10月以降になっても8%のままで適応されるのです 


仲介の立場で言うと・・・・・所有している土地の売却を検討されている地主様がいらっしゃれば、2019年の3月31日にまでが売出しをする一つの目安になるのではないかと思います


ただ、悪いことばかりでもなく・・・・


8%の増税時に新設された「すまいの給付金」が、今回の10%への増税で給付額が最大50万円まで上がることや、収入限度が510万円以下対象だったものが、775万円以下が目安になるようです

住宅資金として、親や祖父母からの資金援助で発生する贈与税の非課税枠も1200万円から最大3000万円(条件あり)まで上がったり、増税後に購入を検討したほうが増税での負担額が少なくなる方もいるのでは???

こういったご相談も、ぜひぜひ、窓口までお問い合わせくださませ

ではでは〜〜〜

たま

posted by どりげ岐阜スタッフ at 20:44 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: