2017年03月24日

買付証明書

こんにちは新人のGです。

本日は「買付証明書」について書かせてもらいます。

まず、買付証明書は物件をおさえるために使います。

不動産物件の情報は業界全体で共有し同時に紹介しています、ですので検討中によそでおさえられてしまう、ということがしばし発生します。

これを整理し、有利に交渉を行うために鵜飼不動産では「買付証明書」を発行して、物件をおさえることをおすすめしています。

買付証明書の中身なんですが、「この物件の売買契約をします」と明確に申し込む書面です。原則として買付証明書で申し込みをして相手が承諾をした後に理由もなく一方的にキャンセルできません。

もちろん、正式な契約書ではないのでペナルティは発生しませんが、信用を失ってしまうので、簡単には「物件をおさえる」ことができないことをご理解お願いします。

ですが、買付証明書に明確に検討事項を記載してそれが理由でキャンセルになる場合、それは問題ありません。

契約交渉上こちらが要望する条件を挙げて買付証明書を発行すれば、それは「以上の条件が整ったら必ず契約します」という申込みになり、ここで有利に契約の条件を申し込む事ができます。

今回は、ざっくり「買付証明書」についてかかせていただきました。

また何かご不明な点などございましたらご気軽にお問い合わせください。☀



posted by どりげ岐阜スタッフ at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448332984

この記事へのトラックバック