2016年08月01日

相続した空家に係る譲渡所得の特別控除

相続で取得した不動産の内  空家のまま保有されており

相続された方や そのご家族からの売却ご相談が ますます増えてきております。


平成28年度の税制改正で 
相続開始直前に亡くなられた方が居住していた家屋を相続した相続人が

相続時から3年を経過する年の12月31日までにその家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームしたものに限る、その敷地も含む)

または、家屋取り壊し後の土地を譲渡した場合は、一定の要件はありますが

譲渡益から3000万円の控除することが認められます。

この制度は、平成28年4月1日から平成31年12月31日までの間の譲渡で

相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までの譲渡とされています。

適用要件として
・相続した家屋は昭和56年5月31日以前に建築された家屋(区分所有建築物は除く)で、
 相続発生時に、亡くなられた方以外に居住者がいなかった家屋であること。

・相続時から譲渡時点まで、居住、貸付事業の用に供されてないもの。

・譲渡価額が1億円を超えていないこと

上記期日がありますが 相続された方で売却をお考えであれば
この制度は大助かりではないでしょうか。
平成31年12月31日までの譲渡となりますので
早めの売却相談をお勧めいたします。

                 by あいバー








posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
Posted by at 2016年08月04日 07:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック