2009年03月03日

笑顔わすれずに

 注文住宅メーカーの倒産にともなう深刻な被害の実態が明らかになるにつれ、工事代金を支払ったにもかかわらず、完成物件の引渡を受けられないケースや、建築が中断され続行には新たな資金が必要な施主様が多数いらっしゃることが報道されています。
 先日 物件をご案内していたときにも、この話がでて 
「まだまだこの不況はつづくのかなバッド(下向き矢印)
「住宅融資もきびしい状況でしょうねたらーっ(汗)
「給料削減も進むと 返済が将来不安がく〜(落胆した顔)・・・・・」
暗ーい話が とびかいました。
でも、暗い話ばかりではありません。
地域の企業を助ける為、 ある地域では、新車購入の方に補助金をだし、購買意欲をもってもらう取り組みも聞きます。
お客様の中には、不況になれば、土地がさがって、購入できるかなと来店される方もみえます。
 不況であれば、価格の交渉ができるかなと前向きに考えて見える方もみえます。
 気分まで落ち込んでいては、前に進めません。
 鵜飼不動産は、笑顔をわすれずにお客様に対応していきます。 
 元気をだそうexclamation
           by やっこ



posted by どりげ岐阜スタッフ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック