2008年11月20日

減税法案

ずいぶんと肌寒くなってきました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

10月、11月と仲介実績は前年度に比べると少々少なめ・・・・・。


同業者の方々も渋い顔をしていますふらふら

一方、金融機関側は「貸し渋りはしてはいないが、業績が悪化し、

資の審査をパスできない企業が増えている」との認識。

銀行はバブル経済時に不十分な審査で融資合戦を繰り広げた結果、

不良債権が急増して苦境に陥った過去があり、

審査のノウハウを向上させてきています。

ただ、融資を受けられない企業では、「以前は貸してくれたのに、

今回はなぜダメなのか」と不満が募り、貸し渋り批判に結びついている様子。

分譲業者様は非常に厳しい氷河時代に突入していきそうです。

当社は分譲より一般仲介をメインとして運営しているので、

一般の住宅購入者が減らない限り、

まずは安心。しかし、企業への貸し渋りが

住宅ローンの貸し渋りに移項しないとも言い切れないのが現状のようです。

ただし今回の住宅に関する減税も

政府、与党が追加経済対策の柱として打ち出した住宅ローン減税について、

国税の所得税から年最大50万円、地方税の住民税からも同10万円、

いずれも10年にわたって差し引ける案を軸に検討しているらしい。

減税規模は合計600万円と過去最大になる予定。

 現行の160万円から大幅拡大することで、停滞する住宅建設をてこ入れするとともに、

住宅を取得する家計を支援する方針。

同案をたたき台として与党の税制調査会で詳細を詰め、

2009年度税制改正に盛り込む予定だそうです。

 法案が成立すれば、09年1月以降の入居者から適用されるはず。

 ただ総務省は、住民税の軽減を最小限にするよう求めており、

年末にかけ調整が続きそう。

 現在は入居1−6年目に年末時点のローン残高2000万円までの1%分、

7−10年目は0・5%分を所得税のみから差し引ける。

新たな減税案は、残高5000万円までの1%分を所得税から、

同2000万円までの0・5%分を住民税から控除できる。

住宅購入者には嬉しい法案になりそう。
 
世話人 

posted by どりげ岐阜スタッフ at 16:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
興味深いブログですね〜。seesaaのランキングサイトから飛んできました。私はホテルマンをしています。
旅やアウトドアは人の心を豊かにさせますねー。
秋や年末年始の旅行の予定は決まりましたか?
楽天でブログを書いてます。
http://plaza.rakuten.co.jp/hotelman/

私のオススメ!!!
楽天トラベルの「ありがとう1億人突破!大感謝祭!」10/29〜12/25
http://travelrakuten.zz.tc/special100million

★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間現在522名(2008/11/19現在)
よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plaza.rakuten.hotelman@gmail.com
(URLとブログ名を明記して下さい)
ではまた来ます。
Posted by ホテルマン at 2008年11月22日 06:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック