2021年08月06日

災害というリスク

おはようございます。Otです。

暑い日が続きますね💦💦


今年の梅雨は連日の大雨☔に見舞われ、全国各地に被害が出ています。

特に熱海では痛ましい事故がありました。

土石流によって130戸の住宅が巻き込まれ、多くの死者・行方不明者が出てしまいました。


今回問題といわれているのが、基準を超える盛土(もりど)です。

盛土(もりど)とは、傾斜のある土地を平らかにするために、土を盛って地盤面を高くすることをいいます。

セットで話されることが多い切土(きりど)は、逆に地面を削りとって地盤面を低くすることをいいます。

今回の該当地の盛土は、基準の高さの3倍、盛土の量も報告の1.5倍の量あったそうです。


また、盛土に問題があっただけではなく、被害にあわれた土地は土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)でした。

私の家は大丈夫かな?と思われた方、すぐに確認する方法があります。

土砂災害だけではなく、洪水や地震についての被害を想定した『ハザードマップ』というものがあり、

各市町村のホームページで閲覧することが可能です。


岐阜市には長良川が流れていますので、洪水のハザードマップには多くの土地で色がついています。

危険だ❗今すぐ引っ越さなくちゃ❗❗そんなことはありません。

すべての土地に多寡はあれど、リスクは存在すると思います。

リスクを把握したうえでどのように対応するか、それが我々にできる災害対策の第一歩です✨


posted by うかい岐阜スタッフ at 16:59 | Comment(0) | 日記

似てるようで似てないシリーズ パート2

こんにちわ あめ大臣です

今回も似ているようで似てないシリーズ パート2を紹介します

今回ご紹介するのはーーーー!

単独浄化槽合併浄化槽 



浄化槽にも種類があり個別で家についているものでは単独浄化槽と合併浄化槽の2種類があります。

まず 単独浄化槽 とはトイレのみ浄化槽で処理をしております。他の台所、お風呂などはそのまま排水しています

次に 合併浄化槽 とはトイレ、お風呂、台所など すべてを浄化槽で処理をして排水しております

2つの大きな違いは お風呂 及び 台所など を浄化処理しているかどうかとなります。

確かに単独浄化槽はトイレのみなのでカップラーメンの残り汁がそのまま川に流れるためちょっと抵抗はありますね
平成13年4月1日以降新築された建物に関しては合併浄化槽の設置が義務付けられました。
既存の単独浄化槽についてはそのまま使用することは大丈夫ですが、今度建て替えなどする場合は合併浄化槽を設置しなければいけません。
単独浄化槽を使っているところから合併浄化槽へ変更となり場合、配管のやり変えなどで結構な費用が発生するためそのままでいいのは助かりますね(*´∀`*)
また下水道が通っていた場合は下水道への接続になります。

岐阜市にも浄化槽のエリアが今でもありますので覚えておいて損はないかもしれませんねー瑞穂市は大体浄化槽のエリアですが

ではこのへんでー
最近暑すぎて溶けそうなあめ大臣でした






posted by うかい岐阜スタッフ at 16:48 | Comment(0) | 日記