2021年04月11日

最近の住宅トレンド★玄関先の〇〇〇

みなさま、こんにちは〜
県庁前店服部です

例のウイルスにより、ここ1年程で、手洗いとうがいの頻度が増えた方は、多いんじゃないでしょうか?
でも、家に入ってすぐに、手を洗いたいシチュエーションは、病気の予防だけじゃないですよね
ゴミ出しの後なんて、すぐに手を洗えた方が便利ですしね

例えば、うちでは・・・

・ガーデニングの後で手が汚れている とか
・猫が脱走して砂だらけ とか
・子供が田んぼに落ちて泥だらけ とか(←うちだけですか?w)

何かと、玄関の近くに手を洗えるスペースがあると便利だろうなぁと思うことも多いのは事実です

最近のトレンドは、玄関入ってすぐの洗面スペースです

「せ、洗面スペースが、げ、玄関???」

と思われますよね?

❝トイレの手洗い器ありますよね?
その手洗い器を、トイレ以外へ出す感覚で・・❞ 

「いやいやいや、どんな感覚なのw」

と思われますよね?

このトレンドを知ったきっかけは、偶然、そういうお家を見たことでした
玄関入って左へ曲がった廊下に洗面スペースのあるお家だったんですが、全く違和感がありませんでした
なんなら、お家全体を見終えて、玄関に戻ってくる途中で

「あれっ、ここに洗面カウンターある!?」

てなりました(さすがに気づくの遅いw)
でも、それくらい馴染んでいましたし、素敵だったんです

洗面スペースと言っても、いわゆる洗面化粧台というタイプだと、さすがに空間になじまないものがほとんどだと思います。
(デザイン性の高いものや、おしゃれかつ、コンパクトなタイプならアリ)

玄関や廊下にあっても、違和感のない洗面スペースにするには、大きく分けて2つポイントがあります

@カウンターに洗面器を置くタイプにする
洗面器そのものはもちろん、カウンターにこだわれば、これだけで段違いの洗面スペースになります。
カウンターを無垢材にすれば、文句なしの存在感とナチュラルな雰囲気に(防水やメンテナンス面は要考慮です)
壁をタイル貼りにしたり、クロス(壁紙)の使い方を工夫すれば、グッとオシャレに

A水栓にこだわる
水栓をあなどってはいけません 水栓次第で洗面スペースの印象は大きく変わります
水栓の値段は、数千円から数万円と本当にピンキリです。
でも、仮に1万円アップすれば、選択肢が広がります。
例えば、床材やクロス全体をグレードアップしようと思うと、u単価で数百〜数千円のアップなので、1万円で印象を変えるのは難しいんですよね
なので、水栓をお金の掛けどころにしてもよいと思います
ちょっとお高くなりますが、グローエなどのブランドも素敵ですし、タッチセンサー付きなど機能面からの検討もおすすめ
かっこいい水栓ってほんとうに惚れ惚れしちゃいます〜
(私だけですか?w)
そして、水栓って意外と目立つので、洗面スペース全体の印象もかなーり変わりますよ

洗面ボウルも大事なんですが、「バランスよく素敵な洗面スペースにしたい」時は、水栓にもこだわってみるのもおすすめ
それほどお金をかけなくても、廊下にあっても違和感のない、いえ、むしろあった方がいいくらいデザイン性の高い洗面スペースの実現は可能です

ご参考になさってください

posted by うかい岐阜スタッフ at 09:29 | Comment(0) | 日記