2020年06月29日

注文住宅と建売住宅の違い

こんにちは
今回は簡単に【注文住宅と建売住宅の違い】をご紹介します!

ポイントはつです


こだわり⇒注文住宅が◎
アフターサービス⇒注文住宅が〇
スケジュール⇒建売住宅が◎
住環境⇒建売住宅が◎
価格⇒建売住宅が〇

やはり、注文住宅は【自由度】が高く、好みやこだわりを生かせ、希望に近づけることができる分【予算調整】が大切になってきます

次に、注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットを簡単にまとめてみました

【注文住宅】
メリット◎
・外観や内装を好きにデザイン可能 
注〉ある程度の成約がある場合があります
・工法や建材、部材、設備が自由に選べる
・間取りをライフスタイルに合わせられる

デメリット×
・建売住宅よりもコストアップする
・設計から完成まで時間がかかる
・土地から探すと時間がかかる

【建売住宅】
メリット◎
・購入してすぐに入居が可能
・仕上がりや設備が確認しやすい
・注文住宅より割安に購入できる

デメリット×
・外観や内装に妥協が必要
・希望設備等が利用出来ない
・工事工程を見るのが難しい
・間取りをライフスタイルに合わせられない


やはりそれぞれに【メリット】【デメリット】があり、
自分の希望に沿う選択をすることが大切ですね。

まとめ
【予算を調整して自分好みの家をイメージしよう】
全てにこだわりすぎると予算がかさんでしまいます(;'∀')
やはり、【優先順位】を決めることが、希望の住宅に住む第一歩です

【注文住宅】は家族のライフスタイルに合った住宅を造れることが魅力です
あらかじめモデルの決まっている建売住宅に比べ購入費用は高くなりますが、
注文住宅でもコストが抑えるコツはもちろんあります!

それは…

【無駄な注文をしないこと】です

こだわりのない部分は一般的な設備にすることでコストを抑えることができます!
もちろん、【ここだけは譲れないこだわりポイント】をあらかじめしっかり把握をし、
こだわりの強い部分にはお金をかけることも大切です

マイホーム購入を検討している方は、ぜひ一度ご家族で【こだわりの優先順位】について家族会議を開いてみてください

Ad

posted by どりげ岐阜スタッフ at 11:06 | Comment(0) | 日記