2018年10月08日

権利書のお話

こんにちわー 今日は一つ権利書をお話をさせていただきます

今は権利書という名前ではなく登記識別情報という名前に変わっております。
2005年3月7日に新不動産登記法が施行され、その後にシステムが整備された法務局から順次、権利証制度から登記識別情報制度への切り替えがされ
登記識別情報とは、アラビア数字、アルファベットなどの組み合わせで作成された12文字の情報です。登記手続きのためのパスワードになります。
登記が完了すると、法務局から「登記識別情報通知」と記載されたA4の紙が発行され、12文字の部分には目隠しシールが貼られています。

変わってはおりますがあまりにも名前が浸透しないのでほとんど権利証といってはいますが・・・

ここで実際にあった話を一つ

あめ大臣(以下あめ)「権利書確認させてもらってもいいですかー?名前変わって登記識別情報って名前ですが」

売主様「あれー権利書なくしちゃったかも・・・ もう売買できないですか・・・? 」

あめ「いえいえー売買はできますよー 司法書士さんに本人確認情報をつくってもらえば大丈夫ですお金かかりますが・・・」

売主様「よかったー でも再発行とかできないんですか?」

あめ「大事な書類になるので再発行とかして世の中に2部作ることはできないんですよー」

売主様「そうなんだーちなみに本人確認情報作るのはいくらぐらいですか?」

あめ「一般的には5万ぐらいですね」

と権利書はなくしても所有権移転はできますがお金がかかってしまいます

なくしても大丈夫ですけど大事な物なのでしっかり保存してくださいね

あと良くヤ◯ザものの映画でよくある
「金が払えんのならこの土地と建物の権利書もってくでー!
「やめてくだせーーーー!
keiyakusyo_tsukitsukeru.png
とおなじみのシーンがありますが
権利書、印鑑証明書、実印、所有者の本人確認書
がないと所有権が移転できませんので

権利書だけを持っていったからと言って勝手に所有者が移るわけではないのでご安心くださいww

しかし!! 印鑑証明書 実印 本人確認書など巧妙な手口で偽装されてしまうと所有権が移されてしまうリスクはあります

ってことで上でも書きましたが保存をしっかりしてくださいね

今回は権利書についてお話させていただきました

あめ大臣






posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:26 | Comment(0) | 日記