2018年04月22日

3調とは???

みなさんこんにちは(*^^*)

もうすっかり夏みたいに暑いですね

今日は、不動産業界の右の左も何も分からなかった私がこの4ヶ月で学んだ事を、お話します

私が入社してまず教えてもらったことは、「3調」

3調とは何(?_?)何(?_?)

・役所調査、、、、、、用途地域、道路台帳、上下水道などなど。
・法務局調査、、、、、謄本をとり権利関係の確認。
・現地調査、、、、、、杭の確認、越境などなど。

この3調とは売買をしたあとにお客様がこんな事知らなかった、こんなはずではなかった!!と、ならないために、
不動産を売買するにあたり必要不可欠なものです

こんな責任重要な調査で、何のための調査で、なぜ必要なのか、少しずつ理解していっている日々この頃です

                          by sb


続きを読む

posted by どりげ岐阜スタッフ at 17:24 | Comment(0) | 日記

2018年04月20日

田園住居地域


平成30年4月から田園住居地域という住居系の用途地域が追加されます

用途地域の追加は25年ぶりの追加で、田園住居地域は農業の利便性を図りつつ、これと調和した低層住宅に係る、

良好な住居の環境を保護するために定められる地域です

この制度のもとでは、保全すべき農地が生産緑地として指定され、生産緑地の指定を受けると、農業継続を条件に、

固定資産税を大幅に減免したり、相続税の支払い猶予が受けられたりすることとされていました。

その、生産緑地指定後30年が経過すると、農地の所有者は地元の自治体に農地の買い取りを求めることが出来るようになります。

自治体が買い取らない場合、自治体は他の農家へ斡旋します。それでも買い手がつかない場合、所有者は農地を不動産業者などに、

売ることが可能になります

その30年経過するのが、2022年です

国土交通省によると、2022年に指定の期限を迎える生産緑地は全体の8割とのことであり、多くの所有者が高齢化や税金対策を、

理由に売却を検討していると言われています。

都市部においては、農地が宅地化され、一気に売りに出されるだろうと言われており、これからの、不動産動向が、

ますます、気になりますね     

                                          by sb
続きを読む

posted by どりげ岐阜スタッフ at 10:26 | Comment(0) | 日記

2018年04月19日

とうとう完成

こんにちは!

以前ブログで書きました岐阜市の土地相場や周辺環境をとってもわかりやすくまとめたものができました。

そう

名付けて「 虎の巻 」

こちらをみれば岐阜市全域の土地相場・周辺環境・おすすめスポットなどが一目瞭然となってます

また写真も多く使用していて楽しみながら土地探しをできると思います

どこにいけば貰えるかって??????

鵜飼不動産に来店して頂きまして、大声で「 虎の巻くださーいっ! 」 といって下さい

もれなく「虎の巻」と一緒に「うかい棒」を差し上げます

「うかい棒」って何?

よくぞ聞いてくれました

お菓子会の重鎮「うまい棒」と鵜飼不動産がコラボしちゃったものです
皆様だんだん気になってきましたよね???

そんなお客様、是非ご来店お待ちしてます

ちなみに、大声で「虎の巻くださーいっ」は言わなくても大丈夫ですよ


 





posted by どりげ岐阜スタッフ at 20:18 | Comment(0) | 日記