2017年12月15日

相続について

最近、不動産を相続したが売却できるのか?また相続を含めた売却相談が多く
なっております。
まず、相続で所有権が移転した不動産の名義を変更するには、遺産分割協議を作成し
相続登記を行う必要があります。また何年も放っておくと
相続登記はいつまでにしなければならないという決まりはありませんが遺産分割協議や
相続登記をせずに長期間放置しておくと相続ができなくなることもあります。
相続登記に必要な書類(亡くなった人の住民票や除籍謄本など)が取れなくなる。
相続人のうちの誰かが亡くなり、権利関係が複雑になる。
相続人が高齢化し、認知症などになり判断能力が低下することで遺産分割協議を行
いにくくなる。
などの様々な問題が発生して、いざ相続登記をしようという時に余分な費用と時間が
かかったり、相続登記ができなくなったりしますので注意が必要です。
相続予定の不動産の価値が一番気になるお気持ちは十分に理解できますが
まずは、相続手続は早く手続きを済さて頂くことをオススメ致します。

                                             巨神兵

posted by どりげ岐阜スタッフ at 12:49 | Comment(0) | 日記