2017年10月28日

いい物件とは

こんばんわ

みなさまのいい物件とはなんですか?

南向きや、住環境がいいなどいろいろあると思います

でもそこに価格という項目は大きなウエィトを占めるはずです

日当たりや住環境がよくても、相場の倍の値段なら考えますよねw

われわれは売主様と売出価格の打合せをする際、相場や現在売出中の物件を考えながら売主様の想いも反映していきますので相場からかけ離れた価格というのはなかなか付きません

となると、現在売りに出てる物件というのはほぼ相場なのです

そしてこの中で自分の希望に合った物件に出会えれば購入に至ると思います

最近の傾向ですが、お店に初めて来店されてこれから不動産を探していくお客様の半数は3ヶ月から半年で購入されています

みなさまご来店の際は、探し始めたばかりなので1年後とかーーと仰るんですけど振り返ると意外と早いものです

人間の集中していられる期間がそれくらいとの話もあるので、逆にこの期間で見つからないと2年、3年、4年探し続ける方も多いです

一生に一回の買い物ですので気持ちは非常にわかります

不動産を探し始めたキッカケにもよりますが、このまま家賃払い続けるのがもったいないという方なら半年までに決めてしまったほうがいいでしょう

探している間も家賃はかかりますからね

多少無理やり決めても「住めば都」とはよく言ったもので、慣れます。

それに意外に気に入るでしょうw

簡単に買えって言ってるように聞こえるかもしれませんが、そう思って探してもみなさん自分の譲れないポイントは押さえて探しますので、こちらがびっくりするような土地を買う!と言わないでしょうw

すなわちいい物件とは、自分で購入に至る物件=どれでもいい物件と言えるのです

条件が他より悪くてもそれなりに安いですし、土地の形が悪くても建て方次第で素敵なおうちができますよ♪


また、じっくり自分の気に入る土地が出るまで探し続ける方も、もちろんいい選択です

ただ、そういった方は営業とじっくり話をすることをオススメします

人気エリアで予算が合ってないのに探し続けるのは現実的ではありませんし、かなりの確立で買えません

要望をちゃんとお伺いした中で、エリア選択のアドバイスをさせて頂きますので、たまには営業の言うこと聞いてみるといい話が聞けるかもしれませんよ?


                             カフェ店ますたー












posted by どりげ岐阜スタッフ at 20:34 | Comment(0) | 日記

2017年10月01日

立地適正化計画制度

立地適正化計画制度が岐阜市でスタートしてから数ヶ月経過しました。
都市機能を集約すべき位置付けが政策的に誘導区域に誘導する仕組みですが

都市計画で土地の使われ方に強く関心を持つ地域や
住民の生活に必要な都市機能の立地が集約される区域には
機能の切れ目ない継続性を望みますし
既存施設の有効活用から考えると
サービス事業の撤退や休廃止の情報は早く入手し
空き地の利活用等を促すに当たっては
届け出が行われた所在の一覧など
行政からの情報の流通があるていどあると
不動産取引を円滑するために 良いのではと考えます。

                  By あいまま

posted by どりげ岐阜スタッフ at 13:39 | Comment(0) | 日記