2017年07月10日

どっしゃーん

みなさん こんにちわ あめ大臣です

今回は土砂災害警戒区域についてお話させていただきます。

最近短時間に大量の雨(飴ではありません)が降って土砂災害などのニュースを見ます。

まず土砂災害警戒区域とはなんぞやと・・・
土砂災害警戒区域とは土砂災害が発生した場合,住民の生命または身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域で,警戒避難体制を特に整備すべき土地の区域です。過去の土砂災害による土砂の到達範囲などを勘案して設定されます。
俗に言う土砂災害イエローゾーンがこちらになります 土砂災害が起こるかもしれないから気をつけてね〜と言った感じのでしょうか(こんな簡潔ではないでしょうが・・・

そしてもう一つ
土砂災害特別警戒区域
特別ですからねー すごいですよ 
警戒区域のうち土砂災害が発生した場合,建築物に損壊が生じ住民の生命または身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域で,一定の開発行為の制限や居室を有する建築物の構造が規制される土地の区域です。
俗に言う土砂災害レッドゾーンです こちらは先程と違い ほんとに危ないからね! みたいな感じでしょうか・・

一件どちらも同じように危ないと言っているだけかと思いきや土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)にはイエローゾーンと大きな違いがあります

それは・・・建築制限です!!!デーーーン!!

レッドゾーンでは建築物の構造が土砂災害により作用すると想定される衝撃等に対して安全なものとなるよう、建築基準法で定めている構造基準に適合した防護壁を建てなければいけません

その防護壁がお高いのです・・・
なかなか建て替えが難しかったります


平成25年に岐阜県でも土砂災害警戒、特別警戒区域も増えておりますので
一度みなさんもご確認してみてはいかがでしょうか?http://portal.gifugis.jp/sabo/koji/map_exp.html

岐阜県は山も多く指定されているところは結構ありますからねー
必然的にエリアも拡大されるわけで・・・

土地には様々な法令制限などかかってきます 調べるのがめんどくさいなーと思ったそこのアナタ
鵜飼不動産におまかせ下さい

しっかり知識をもったスタッフがご説明させていただきます

雨は嫌だけど飴は大好き あめ大臣でした


posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記