2017年04月25日

廻りの環境

廻りの環境は常に変わります。
毎回重要事項説明本で、お客様に対してご説明している内容が私の廻りでは起きなかったのですが、今朝東京都杉並区の大規模マンション敷地内に戸建て住宅が新築され...exclamation&questionとニュースで取り上げられていました。環境変わりすぎです...入居中の方からしたら、大迷惑ですねふらふら

話は変わりますが、、、
お客様がこれから不動産を買われる時、廻りにどんな人が居るんだろうexclamation&questionとか何屋さんが有るんだろうexclamation&questionとか気になりますよね?そこはお客様自身でもある程度は調査出来ます。でも、将来の事は誰にも解りません。

それは、お客様だけではなく購入されようとしている物件の隣接地の方も、どんな人が来るのexclamation&question何が出来るのexclamation&questionと同じように解らないです。
先日も現地調査に行った際、隣接の方が外に出て見えて「何が建つのexclamation&questionどんな人が来るのexclamation&question...等など」とっても気にされていました。元々お住まいの方は、お客様の事は何も調べられないですからねあせあせ(飛び散る汗)

現地でたまたまお会い出来た時等の、お互いの第一印象って大事ですよね。感じの良さそうな方だなとか色んな印象があると思いますわーい(嬉しい顔)
その時のご自身の対応の仕方で、住みやすい環境になったりする場合も有るのでご参考までにぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


TOKU





posted by どりげ岐阜スタッフ at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月22日

いんすぺくしょん

昨日の夜から奥歯が痛くて痛くて、、、明日歯医者さんに行ってきます冏rz




そんな事より、今回はホームインスペクションについて書きます。



丁度一年位前の5月に宅地建物取引業改正案が国会で成立。

施行は来年の4月1日との事。



そもそもホームインスペクションとは何ぞや?(以下、日本ホームインスペクターズ協会より抜粋)


ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。 ... ホームインスペクターは住宅の「かかりつけのお医者さん」です。


「かかりつけのお医者さん」。。。うーん、良い例えですねぇ



で、


そこで何が改正されたかというと


1.      媒介契約(売却のお手伝いさせて頂く際に交わします)の締結時にインスペクションを実      施するか依頼者(主に売主様)に書面で交付、そして意向に応じて斡旋。

2.      重要事項説明時にインスペクションを実施している場合、買主様にインスペクションの結果を説明。

3.      売買契約締結時に建物の状況について、売主様及び買主様に確認し書面で交付。


中古住宅の売主様となる方は宅建業者や建築業者でも無く一般の方が大半であり、建物の劣化具合について把握出来ない方が多いと思います。

インスペクションを実施する事により、売主様にとっては買主様が建物の質を踏まえて購入の判断がしやすくなります。

逆に買主様にとっては、購入後に瑕疵が見つかり、修繕による資金ショートを防いだりトラブルの防止が出来ます。



今後ともより良い取引が出来る事を期待して明日は「かかりつけの歯医者さん」です。



では。




                                By山坊主


posted by どりげ岐阜スタッフ at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月13日

相続について

こんにちは、中央店の巨神兵です。だんだん気温もあがって暖

かくなってきましたね。

今日は相続について少しふれたいと思います。不動産仲介の現場

では物件を売りたいと

相談があった時に相続登記が済んでいないケースが多くあります。

例えば、旦那さんが亡くなって3年経ったので土地を売りたいと

相談があった時に登記はまだ、亡くなった旦那さんの名前のまま

とかですがその場合は登記を変更するか、もしくは遺産分割協議書

を作成する必要があります。

相続手続きは非常に手間や費用がかかるケースがあります。

相続人どうしでもめたりや、相続人が海外にお住まいで手続きができない

とか、自分の力だけではどうしようもないできない事もおこりますので

なるべくなら、早い段階から準備が望ましいと思います。





posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月01日

☆長良森町☆スペースキッズ長良校☆開所☆

みなさま、こんにちは☆

長良店のたまです

本日は、あるデイサービス施設をご紹介いたします

「space Kid's 長良校」

という学童保育所が長良森町に4月!開校しました

ここは、実は私が1年ほど前に、あるお客様から売却のご依頼を受け、販売のお手伝いをしていた
昭和35年築の木造2階建て住宅をとっても素敵にリノベーションして作られたのです

先日、お引渡しの際に中を拝見させて頂き、ビックリしました

ビフォアー
IMG_4331.JPG


アフター
IMG_7317.JPG


ビフォアー
IMG_4387.JPG
アフター
IMG_7319.JPG



ビフォアー
IMG_4388.JPG
アフター
IMG_7325.JPG




なんということでしょう〜〜
logo.png
二人暮らしの築56年の住宅が、こんな素敵なお子さん達がのびのびと遊んで学べる施設に・・・♪ちゃら〜ら〜ら〜ん・・♪♪

お子様の健康を考え、身体に優しい自然素材の無垢の木材を使用・・・・

和風の赴きある土壁は、ずべて手作業で漆喰の塗り壁に・・・

オープンにした開放感ある天井には、当時のままの梁をそのまま使用しました。
IMG_4390.JPGIMG_7321.JPG

space Kid's 長良校」

障害のあるお子様とそのご家族のサポート施設☆
木の香りがとっても落ち着く、素敵な空間でした
ご家族の悩みやご相談も、丁寧にサポートしてくださいますよ

もし気になる方が見えたら、長良店玉田まで

では、皆様、春を楽しみましょうね〜〜〜

たま


















posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記