2021年01月15日

コロナ過の不動産売買市況

1月16日に国内で初めてコロナ感染者が確認されて、
もう1年経とうとしています。
初めてコロナのニュースを聞いた時には、
海の向こうの遠い中国の話で、
日本への影響は、中国の工場が止まった事で、
建材や水回り部品が輸入できず、
建築会社さんが困っているくらいの印象だったのですが、
2月に横浜に入港したクルーズ船でクラスター(この言葉、
この時に初めて聞いた気がします)が発生し、
2月末には小中学校の臨時休校、
3月にはオリンピックの延期が決定し、
4月には岐阜県においても緊急事態宣言が出され、
5月25日に解除されたのが第1波とされて、
8月に第2波がおき、9月に終息したと思いきや、
11月には第3波が始まり勢いは弱まることなく今に至っています。

では不動産売買の市況はどうなっているでしょうか。
以下に不動産売買の取引件数と平均取引価格の推移のグラフのリンクを
貼りましたので先ずはご参照ください。
土地(住宅地) 成約・在庫価格推移
※赤の文字をクリックするとリンクが開きます。

グラフを見て頂くと分かるように、緊急事態宣言が出た4月5月は、
約3割から5割ダウンしていますが、中古住宅は6月には元の水準に戻り、
土地は7月には倍増して前年と比較しても2〜3割増えています。
実際の鵜飼不動産の契約件数もやはり前年割れしたのは4〜5月だけで、
6月には早々と回復してきました。
弊社の分譲地に関しましても、通常よりも売れ行きは良く、
造成工事が完了する前に完売する現場がいくつもありました。
結果的に、1年通してみると取引件数は例年よりも5%下がっただけでした。

コロナ過であらゆる消費が落ち込む中でこの結果は予想外で、
いろいろ調べてみると、確かに来店いただくお客様の数は、
半減といってもいいくらい減少していましたが、
物件の問い合わせ、特にネットからの問い合わせは、
前年同月と比較しても1.3〜1.5倍に増えている結果でした。
その結果から原因を想像してみたのですが、
コロナによって外出もままならなくなり、自宅にいる時間が増え、
その時間に土地探しやマイホーム探しをする時間に充てているケースが、
以前よりも増加したと予測されます。
ちょうど緊急事態宣言中にDIYをする人が、増えホームセンターが混雑したり、
趣味の消費が増えたりしたのと同様です。
長期的に景気が悪くなれば、当然買い控えがおこり、
需要が減ることが予想されますが、現在はまずまず市況は動いていますので、
不動産をお探しの人は、積極的に動いてもよいのではないかと思います。

posted by U-kai(とも) at 11:29 | Comment(0) | 日記

2020年12月17日

水防法

今年初めての雪が降りました。
岐阜県の中濃地方は一晩だけでしたが
岐阜県の飛騨地方は、大雪⛄

雪も非常に大変ですが、
不動産を購入する際の判断の有無に関して 近年多く希望を伺う1つとして
水害リスクのお話を伺います。👂

弊社では約10年以上前より 重要事項説明の添付資料とし、ハザードマップをお客様へ説明したおりました。
この水害のリスク、水防法が宅地建物取引業法施行規則の改正により 令和2年8月より施行されました。
説明義務として、水防法の規定に基づいて市町村が作成する洪水、内水、高潮ハザードマップに対象地の位置を
示し説明を行います。制限等はありません。
市町村がハザードマップを作成されてない場合は、提示すべき水害ハザードマップが存在しない旨を
説明する義務があり 弊社のカバーエリア内では、高潮ハザートマップがこれに該当します。

弊社カバーエリアは川が多く、長良川、境川、鳥羽川、荒田川、木曽川、津保川、武芸川、揖斐川、根尾川等あり
土地が高い地域では無い事より、全国における大規模水害の頻発による被害が知らされるなか
水害のリスクを認識し、水害リスクに関わる情報が 売買契約の意思決定を行う重要なポイントと考えられると
日々実感しております。
もう一つ、購入不動産が、浸水想定区域外となっていても、水害リスクが無いと判断してしまう事は油断禁物。
浸水想定区域外であっても、近隣避難所のチェックはしておきましょう。

今年も残すところ14日間 不要不急の外出を避けて過ごし コロナの終息に心がけ、
万が一の自然災害にも備えて、新年を迎えたいと思います。
今年も一年 ありがとうございます。
                     byあいまま







posted by うかい岐阜スタッフ at 13:04 | Comment(0) | 日記

2020年12月12日

気がつけば

12月も半分終わってしまいますね、もうすぐクリスマスです

皆様は今年どんな1年をお過ごしされましたでしょうか

先日ある、社長様とお会いしました時に今後は生命保険の加入条件が大幅に変わるのではとのお話をされてみえました📖

それに伴って、住宅ローンに関係する団体生命信用保険の審査内容も変更になるのではと。。。
現段階では具体的にどんな内容かという事はわかりませんが、コロナウィルス(感染症関連)に関しての何かしらの条件が付加されるのでは無いでしょうか?

団体生命信用保険だけではなく、収入の減少により本年度と来年度では住宅新築を計画されている場合に、予算が変わってしまう方も見えると思います

今は何が起きるかわからないご時世ですので、不動産を買われる方・売られる方様々なお悩みが有ると、、、そんな時には、弊社🏠までお気軽にご相談下さい。

現段階でどうする事がお客様にとってベストなのかを、スタッフ一同親身になってご対応させていただきます

今年一年で、お世話になりましたお客様・さまざまな業者の皆様、大変有難うございました

来年お世話になりますまだ見ぬお客様、何卒宜しくお願い致します


年末に向けて更に寒さが増すと思いますが、皆様体調管理に気をつけて良いお年をお迎え下さい



                      TOKU



posted by うかい岐阜スタッフ at 09:49 | Comment(0) | 日記

2020年12月07日

固定資産税据え置き?

こんにちは、岐阜中央店HUです。

私はこれが今年最後のブログになります。

さて、本日は不動産を既にお持ちの方、マイホームの購入をご検討されている方には朗報になるかもニュースが届きました。

それは、2021年度の固定資産税額が2020年度と据え置きになるというニュースです。

ただしこれは、2021年に納税額が上がる予定だった、商業地や住宅地など全ての土地が対象という内容です。

なんだよ〜自分には関係ないじゃん…と思うじゃないですか?

ちょっとお待ちを、実はまだ話の続きがありまして…

当初政府与党は、新型コロナウィルスで経済が悪化していることをふまえ、商業地だけを対象に税額をおさえることを検討していましたが

来年度(2021年)に限って、商業地だけでなく住宅地や農地等すべての土地を対象に、来年度は、税の負担が増えないようにする方針を固めました。

地価が下落したことで、今年度より課税額が減る土地はそのまま減税となります。との事です!

最近は毎日数千人単位でコロナ患者が増えています、また外食産業や小売店、各企業にも大きく影響が出ている大変苦しい現状ですが
、これを聞き少しだけ救われた気持ちになりました。

今年も残すところ4週間を切りました。

来年にはコロナもワクチンで収まり、マスクをしなくても外を出歩ける日常になることを祈りつつ年内の業務に励んでいきたいと思います。

皆様も体調にはくれぐれもお気をつけて下さい。

それでは良いお年を

posted by うかい岐阜スタッフ at 17:46 | Comment(0) | 日記

2020年11月08日

物件を決めるときに必要な○○

みなさま、こんにちは〜

県庁前店 服部です

今年もあと2ヶ月を切り、ずいぶん寒くなってきましたね


さて、今日は前回お約束したテーマ

【物件を決めるときに必要な○○】をお送りします


さ〜、一体何だと思いますか??

仲介最前線をご愛読のみなさまなら、きっとわかるはず


と、その前に、前回のおさらいをしましょう

前回お話したのは、【物件を“選ぶ”ときに必要なのは??】でした。


答えは・・・


【知識】【比較】でしたね


では、物件を“決める”ときに必要なものは何でしょうか


実は・・・


【決断力】なんです


「え?当たり前じゃーーーん


ですよね💦

決断力なくして、物件を決めることなんてできませんよね

でも、私がお伝えしたいのは単なる【決断力】ではありません(`・ω・´)


【不動産購入における決断力】ということです


と言っても、なんのこっちゃだと思うので、事例で見てみましょうか


家を建てるために土地が欲しいあなた

忙しい日々の中、ネットや不動産屋さんで物件を探し、いろんな物件と出会い、充分に物件を比較しました

幅員、間口、建ぺい率・・・不動産を選ぶために必要な知識もつけました


そして、2ヶ月後・・・


ある物件と運命の出会いを果たしました

はじめて、資料で見たときのピンとくる感覚

現地を見たときの高揚感

奥さまも同じ気持ちでした


不動産屋さん、ハウスメーカーさんとも相談し、この物件で問題なさそうだ


「よしっ、この物件に決めよう


そして、いざ不動産屋さんへ連絡します


「この物件を購入したいです


「では、買付証明書のご提出を・・・」


「買付証明書


実は、不動産の購入の意思表示は必ず書面で行います。

この書面を買付証明書と言います。

なので、電話や店頭など口頭で「買います」


と、どれだけ真剣に、溢れんばかりの熱意をもって伝えても、意思表示したことにはなりません

購入の意志を、書面に表す必要があるのです


そして、あなたは無事、買付証明書を提出し、売主様の承諾も得られ、契約日も決定

あとは、手付金を用意して、1週間後の契約日を待つだけです

※上記の流れは一例です。


そして、あなたは土地を決めたという記念すべき報告をしようと、お母さまに電話しました


「土地やけど前にも言った、○○町のス●薬局の近くに決めたよ」

「え?もう決めたの?○○町やと、うちからちょっと遠くなってまうね・・・」

「そうやけど、母さん、僕らが良いなら、どこでも良いって言っとったしね」

「そうやった?でも、まさか○○町にするとは思わんかった、お父さんもそう言っとったよ」

「えー??なんで今言うの。もう決めてまったよー。せっかく、決めたのにどうしよう・・・」


あなたが物件を決めたにも関わらず、その決定が揺らぐ事態が起きてしまいました

せっかく、決断したはずなのに・・・


つまり

【不動産購入における決断力】とは


同じ決断力でも、ただ意を決すれば良いということとは違い


ご自身の決定に影響がおよぶであろう


・周りの方の意見

・資金面

・転勤・入学など家庭の事情や予定 など


様々な事情をしっかりとクリアにした上で、この物件を買うという決定をする【決断力】なんです


上記は、ご親族の意見が影響した例でした。


ご親族や上司、お友達などのアドバイスが、ご自身の決断に影響する場合は、前もってその方々に相談することをおすすめします。

特に親御様は、近居などをはじめとした希望のほか、ご自分たちの建築や住宅購入経験から、ご心配をしてくれているケースもとても多いです。

お子様の不動産購入を、特に気にされていない素振りの親御様でも、実はとても気にしていらしたり・・・ということも少なくありません。

軽く相談してみたら、資金援助してくれることになったなどというお話もありますので、ぜひ、お話しをしてみてはいかがでしょうか

また、風水や年回りが、不動産購入に影響するという方も、事前に十分にご相談しておくことをおすすめします


余談ですが、第三者からのアドバイスをもらう時に、心がけておくとよいことが一つあります

それは、“そのアドバイスだけを信じて物件を決めたり、やめたりしないこと”です。

不動産取引はケースバイケースのことも多く、法改正や商習慣の移り変わりもあり、当事者以外の方や不動産業者でない方の意見が、残念ながら事実ではなかったということもあります。

やはり、購入の相談をしている不動産業者に実際に確認するのがベスト

事実と異なる情報によって、気に入っていた物件を買い逃すなんてことして欲しくないですからね

もちろん、親切心でアドバイスしてくれている方への配慮も忘れないでくださいね


本題に戻りまして

決断を揺るがす事態には、“住宅ローンが本当に払っていけるのか、急に不安になってきた”という事例も…


お気持ちは分かります

でも、そんなことにならないよう、不動産購入を考え始めたら、なるべく早い段階で、資金計画やライフプランをしっかりシュミレーションしましょう

余裕を持った返済計画にしておけば、“急に不安になる”という事態も回避できますよね

このタイミングで、事前審査をすることもお忘れなく


不安や心配は、新しいことを始めるときにはつきものです

ましてや、不動産購入はほとんどの方にとって、人生で最も高額な買い物かつ1回きり

不安にならない方のほうが少ないですよね

不安だからこそ、自分たちでもしっかり調べて、考えて、相談して、ちゃんと決断する

このひとつひとつのステップが、とても大切だと思うのです


みなさまが、不動産を通してより幸せになれますように

では、また〜



posted by うかい岐阜スタッフ at 11:10 | Comment(0) | 日記

2020年10月15日

住宅ローン控除の延長

こんにちは!長良店のHoです!

10月13日のニュースで知ってみえる方もいらっしゃると思いますが、住宅ローン控除の延長を政府が検討しているそうです。

現在、2020年末まで(一定の要件を満たす場合は21年末まで)の入居としている適用期限を、条件を付けずに1〜2年程度延長する案が浮上しています。

・住宅ローン控除とは。。。

住宅ローン控除とは、正式には「住宅借入金等特別控除」と呼ばれる制度のことです。
 
自分が住むための住宅をローンで購入した場合において、「一定期間の間、一定の割合に相当する金額」が、所得税から控除される制度のことをいいます。そしてこの制度を利用することで、住宅を購入する際の経済的な負担を軽減できます。

例えば、一般住宅を購入し、年末時点で住宅ローンの残高が4000万円以上あるとします。この場合、ローン返済期間が10年以上あることを条件に、控除率1%、すなわち40万円の税額控除となります。しかし、もし納めている所得税額が35万円など、40万円に満たない場合は、差額分の5万円が住民税より控除されることになります。

・住宅ローン控除を受けるためにはいくつかの条件があります!

1.自分が居住するための住宅の購入であること
2.床面積の合計が50u以上であり、その2分の1以上が自分の居住部分であること
3.新築した日または購入した日から6カ月以内に居住しており、引き続きその年(住宅ローン控除を受けようと思っている年)の12月31日までに居住していること
4.住宅ローン控除を受けようと思っている年の収入が3000万円以下であること
5.住宅ローンの借入期間が10年以上であること
6.住宅ローンの借入先が勤務先である場合、その利率は0.2%以上であること
7.居住した年の前後各2年間(合計5年間)に、もと住んでいた家を売るなどして「3000万円の特別控除」や「10年超保有の税率の軽減」などの他の税金の優遇措置を受けていないこと
 
・中古住宅を購入する場合は、上の7つの条件以外にも以下の条件を満たすことが必要です。
 
1.20年以内に建築されたものであること。(マンションなどの耐火建築物(RC,鉄骨造)については、築25年以内であること。)
2.築20年以上の木造などの非耐火建築物については、耐震基準適合証明や住宅性能評価等を受けていること。

条件はいくつかありますが、活用しないともったいない制度ですので是非ご相談ください!

Ho

posted by うかい岐阜スタッフ at 19:21 | Comment(0) | 日記

2020年10月10日

残置物が・・・

こんにちは!
です。
鵜飼不動産では、土地は勿論、中古住宅も扱っています。
その中で中古住宅ですと、条件にもよりますが、売主様に建物内の残置物は撤去していただき、次の買主様に引渡しをして頂いています。
私が担当している、とある物件の話なのですが、その物件にも残置物が多く残されていました。
なかなか売主様自身で片付け(処分)が困難だとゆうことで、撤去は業者に依頼しようと売却前の打ち合わせで決まりました。
事前の見積をとゆうことで現地で業者にみてもらいました。
そしたら・・・
業者「Gさん!」
G 「うんっ・・・・」
業者「この現場すごいですよ・・・売れる残物も結構ありますよ」
G 「ええええええええええええええええええええええええ」
業者「専門のひとに見てもらいましょう」
そう、正直、僕は残置物の大半が捨てられるものだとおもっていました。
売主様も売れるわけないよなーなんて話してました。
近々、売主様立会いの下、査定をしてもらう予定です。
金額はいくらになるか、まだわからないですが、こんなこともあるんだーと思った今日この頃です。
GOTO

posted by うかい岐阜スタッフ at 15:10 | Comment(0) | 日記

2020年09月18日

なんか以外に何言ってるかわかりにくい用語シリーズ

みなさん どうも あめです

今回はよく物件資料に書いてある用語で何言ってるかわかりにくい用語を解説していきます

今回紹介するのはーーーーーーーーこいつらだ 「建築基準法22条区域」 「準防火地域」

準防火地域はなんとなーくわかりそうですが 建築基準法22条区域はなんか番号入ってるしどういうのか一切想像つかないって人多いと思います

さて解説していきましょうか

建築基準法22条区域とは
防火地域および準防火地域以外の市街地において、火災による類焼の防止を図る目的から、建築物の屋根を不燃材で葺くなどの措置をする必要のある区域です。また、外壁も土塗壁と同等以上の防火性能が必要です。

わかりにくい文章ですがすごく簡潔に言うとすごい燃えやすいのはだめだよってことです、今建築されているほとんどの住宅はこの22条区域に適合した住宅なのでご安心ください

さてお次は準防火地域とは
市街地における火災・延焼の危険を防除するため、建築物を構造面から規制するもので、地域による集団的な指定を原則として定めるものです。これらの地域においては、建築基準法により一定の建築物を簡易耐火建築物にしなくてはならないこととされています。

これも小難しい文章ですが例えば窓に防火シャッターをつけなければいけないことやシャッターを付けない場合は網入りガラスにするなど細かい制限が増えます一つの例をあげさせていただきましたが簡単に言うと建築基準法22条区域より建築費用が上がるということです
こういった建築基準法によって我々の生活が安全に暮らせると言っても過言ではないでしょうね
細かい制限は色々ありますのでまた建築屋さんなどと相談するといいかもしれませんね

今回は2つをご紹介させていただきましたが建築物を建てる上で用語が色々ありますのでわからない場合はぜひ鵜飼不動産にご連絡ください


あめ


posted by うかい岐阜スタッフ at 10:20 | Comment(0) | 日記

2020年08月26日

マンションリノベーションの罠

こんにちは!

最近とても暑くて、冷たい飲み物やかき氷が欲しくなりますよねー!

でも、この「冷たいモノ」って暑い日は体を冷やしてくれてイイ!

と思われがちですが、実は逆なんですって!!

冷たいものが体に入ると、内蔵があまりの温度差にびっくりして、「体を温めなければ!!」と熱くしてくれるそうです!!

いままで逆効果だったのか。と絶望しました。ハイ。


本題に入りますが、暑いので断熱性能が高い家に住みたい!とお考えの方も多いのでは?

特にマンションは鉄筋コンクリートの為、断熱性能や気密性能がとても高いです!!

しかも、いわゆる「中部屋」と呼ばれる角部屋ではないお部屋は、隣の部屋の熱が伝わるため冬はあたかかいのです。

そんな、通常でも性能が高いマンションですが、ある一部をリフォームするともはや「最強!」と呼べるほど性能が上がるのです。



それが窓!!

window_thumb476.jpg

最近のマンションの窓は「ペアガラス」で有ることがほとんどですが、昔のマンションは「シングルガラス」です。

住宅で熱損失(熱が逃げやすいところ)の1位は窓なので、これをペアガラスにすることにより、飛躍的に性能を上げられます!!!


ただし!!

ここからがマンションの落とし穴で、マンションの窓は、実はあなたの物ではありません!

玄関ドアもそうですが、なぜか「共用部分」で交換できません。(一部例外もアリ)

では、マンションの窓は永遠に時代遅れなままなのか・・・?

いえ、ひとつ方法があって、インプラス(内窓)という方法があります。

これは2重窓とも言いますが、今の窓の内側に、もう一つ窓を追加するのです!!

inplus_img_04.jpg
これで元々あるシングルガラス+シングルガラス=ペアガラス!!


でも、これにもデメリットがあり、窓+窓なので、ベランダに出るときは窓を2回開ける必要がありますw(ちょっとメンドくさい)

洗濯物を干す際は、毎日のことなので少しストレスに感じるかもしれません。

ただ、そのデメリット以上に、そして工事費用以上に快適になること必至です!

それによって光熱費も当然下がりますし、暑い寒いのストレスもなくなります!!

快適性で言うと、平成後期の中古マンションのペアガラス(アルミサッシ)より温かい可能性は十分にあります。

戸建てと違い、マンションは古くても鉄筋コンクリートですから、快適性能を求められる方は少し古いマンション→リノベーションも視野に入れてみては?

                                                           nori70

posted by うかい岐阜スタッフ at 16:15 | Comment(0) | 日記

2020年08月16日

意外と知らない民法の話A

今回の民法のお話は、相続についてです。
民法の相続では、亡くなった方を「非相続人」、
相続を受ける人を「相続人」といいますが、
誰が相続を受ける権利があるかご存じでしょうか?

まず、配偶者がいる場合は、配偶者はどんな場合でも、
相続人となります。
被相続人の子供にあたる人(直系卑属といいます)も、
配偶者の次に第1順位で相続を受けます。

ちなみに平成25年以前は、子供でも婚姻関係にある男女の
子供と、婚姻関係が無い男女(いわゆる内縁関係)の子供とで、
相続できる割合が異なっていましたが、今は同等です。

子供がいない場合は、被相続人の親(直系尊属といいます)
が相続対象者で、親がいない場合は、兄弟姉妹が相続対象者です。
相続の割合ですが、配偶者が一番多く、相続遺産の半分を取得し、、
それ以外の相続人は、等分となります。
但し、被相続人が遺言により相続割合を決めた場合は遺言書に従いますが、
もともと相続する権利があっても遺言により、相続から除かれた人は、
本来、相続を受ける予定の約半分は、遺留分侵害請求権という権利で、
請求をすることが可能です。

相続遺産には、現金や預貯金、保険金等の資産もちろんですが、
土地や建物もよく対象となりますが、最近は相続不動産についての
相談内容が以前と異なってきました。
どんな内容かといいますと、
「不動産を相続したくないから、どうすればいいでしょうか?」
という相談です。

要らない不動産なら、相続を受けた後で、売却処分すればよいのでは?
と思われるでしょうが、最近はただ(0円)でも売れない不動産が増加しています。
例えば、山林や道路に接していない土地、農地で農地以外の転用が難しい土地、
その中でも最近多いのが、古家付き土地で解体費用が土地価格を上回っている場合。
郊外の地価が下がっていることと、解体費用が高くなっている事で、
査定をしてもマイナスになるケースが増えているためです。

これらのマイナスの不動産を「負動産」と最近は呼んだりもするのですが、
負動産の処分は思ってる以上に難しいという事をご存じでしょうか?
負動産を相続したく無いなら相続放棄をすればいいとお思いでしょうが、
相続放棄は、負動産だけでなくあらゆる相続資産を放棄しなければなりません。
負動産は放棄して預貯金だけを相続することはできないのです。

また、相続資産が負動産のみの場合でも、第1順位の相続人が放棄しても、
その相続資産は第2順位に相続権が移るので、
すべての相続人が放棄する必要があります。
すべての相続人が相続放棄したとしてもまだ問題があります。

相続放棄が完了すれば、固定資産税等の税金の支払い義務は逃れられますが、
管理責任は相続放棄しても逃れられません。
相続放棄によって所有者では無いのにも関わらず、
負動産の管理、例えば空き家の管理や土地の除草や立木の伐採などの
義務からは逃れられないのです。

利用していない不動産は、放置しておけばしておくほど、
処分が困難な負動産になってしまいますので、
早めの対策(利用や売却)が必要とぜひ憶えておいてください。

最後に、相続で揉め事が起きた場合は、その助言や手助けは、
法律家(弁護士、司法書士)等の資格を持った方以外が行うと、
法律違反となってしまいますので弊社でもお断りしております。
何卒ご理解の程ご了承ください。

posted by U-kai(とも) at 16:42 | Comment(0) | 日記