2018年10月08日

権利書のお話

こんにちわー 今日は一つ権利書をお話をさせていただきます

今は権利書という名前ではなく登記識別情報という名前に変わっております。
2005年3月7日に新不動産登記法が施行され、その後にシステムが整備された法務局から順次、権利証制度から登記識別情報制度への切り替えがされ
登記識別情報とは、アラビア数字、アルファベットなどの組み合わせで作成された12文字の情報です。登記手続きのためのパスワードになります。
登記が完了すると、法務局から「登記識別情報通知」と記載されたA4の紙が発行され、12文字の部分には目隠しシールが貼られています。

変わってはおりますがあまりにも名前が浸透しないのでほとんど権利証といってはいますが・・・

ここで実際にあった話を一つ

あめ大臣(以下あめ)「権利書確認させてもらってもいいですかー?名前変わって登記識別情報って名前ですが」

売主様「あれー権利書なくしちゃったかも・・・ もう売買できないですか・・・? 」

あめ「いえいえー売買はできますよー 司法書士さんに本人確認情報をつくってもらえば大丈夫ですお金かかりますが・・・」

売主様「よかったー でも再発行とかできないんですか?」

あめ「大事な書類になるので再発行とかして世の中に2部作ることはできないんですよー」

売主様「そうなんだーちなみに本人確認情報作るのはいくらぐらいですか?」

あめ「一般的には5万ぐらいですね」

と権利書はなくしても所有権移転はできますがお金がかかってしまいます

なくしても大丈夫ですけど大事な物なのでしっかり保存してくださいね

あと良くヤ◯ザものの映画でよくある
「金が払えんのならこの土地と建物の権利書もってくでー!
「やめてくだせーーーー!
keiyakusyo_tsukitsukeru.png
とおなじみのシーンがありますが
権利書、印鑑証明書、実印、所有者の本人確認書
がないと所有権が移転できませんので

権利書だけを持っていったからと言って勝手に所有者が移るわけではないのでご安心くださいww

しかし!! 印鑑証明書 実印 本人確認書など巧妙な手口で偽装されてしまうと所有権が移されてしまうリスクはあります

ってことで上でも書きましたが保存をしっかりしてくださいね

今回は権利書についてお話させていただきました

あめ大臣






posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:26 | Comment(0) | 日記

2018年10月06日

火災保険

みなさまこんにちは

先日の台風被害は大丈夫でしたか?

当社の本店では看板が飛んでしまったり、県庁前店では店頭の大きな木が倒れたり、店内に水が浸水したりとなかなかの被害がありました。

私の自宅は雨トイが一部飛んだだけでしたが、今年の台風はなかなかの被害が目立ちます。

自然災害が年々激しくなりつつありますので、これから新築される方などは建て方にも注意を払ったほうがいいのかもしれませんね。

そんな中、新築後は皆様火災保険に加入されると思いますが、保険内容はしっかり確認、比較されたほうがいいと思います。

よく、雨トイが傷んできたら火災保険を使って直せばいい。

なんて事を耳にします。

これは確かにそうで、火災保険の風災という項目で保険を使って直すことができます。

私も自宅のトイが飛んでしまったので、これを機に火災保険で直そうと思い確認した所、私は火災保険のみで風災の保険に加入していませんでした⤵

振り返ること6年前、、、、火災保険に加入する際、深く考えず一番安い保険に加入しました。

当然ですが、風災や水災を追加すると保険料は上がります。(保険会社による)

ちょっとケチってしまったために自分のお財布から修理費を払うことになってしまったのです。

天災ですので、何もなければ払った保険料が無駄だったと考える方もいるでしょうが、何かあった時のための保険です。

改めてですが、火災保険はたくさんの会社がありますのできちんと比較して、内容も確認して、納得した上で加入しましょう。

決してどこかの営業マンの口車に乗せられ、テキトーに加入しないように!!(自分に言い聞かせてます笑)

きょうも台風が近づいてきておりますので、飛びやすいものは建物内にしまう等の対策をしましょう!!

                        nori70

posted by どりげ岐阜スタッフ at 18:14 | Comment(0) | 日記

2018年10月02日

「投資不動産の潮目が変わる時」

今年、不動産関連で一番大きなニュースといえば、
「かぼちゃの馬車」という女性向けシェアハウスで、
首都圏を中心に展開していたスマートデイズという不動産会社が
倒産したことで露見した、スルガ銀行の不正融資問題。
何が不正かというと、スルガ銀行自身が自社の融資審査を通りやすくするために、
融資申し込み者の預金残高を改ざんしたり、所得を改ざんしたりして、
融資審査を有名無実化してしまった結果、なんと融資審査した案件の99%近くを
ほぼザルのように通してしまっていたといいます。
「かぼちゃの馬車」が想定通りの入居者を確保できて、
想定通りの収入を得ているか、サブリース契約(スマートデイズが一括借上げして、
家賃保証する契約)に基づいてちゃんと賃料をオーナーに支払えていれば、
問題はなかったのですが、短期間のうちに破綻して、
膨大な残債を抱えてしまったオーナーを大量に出してしまったことから、
一気に大事になってしまいました。

「かぼちゃの馬車」が首都圏メインで展開していたため、
どこかこの地方の人は他人事のような感だと思われるでしょうが、
スルガ銀行の不正融資問題は、スマートデイズだけではないのです。

近年のアパートなどの投資向け物件は、
投資向け不動産買取会社(三為業者)からスルガ銀行の融資と
セットで紹介を受けた個人投資家が購入しているパターンがとても多くみられます。
そこでもやはり不正融資が多く行わえているようで、
今年の6月に岡山のマンションオーナーがスルガ銀行に対して訴訟を起こしました。
もともと最近では数年前に比べてスルガ銀行以外の銀行でも個人投資家に対しての融資が、
緩くなっていた印象があったのですが、このころを境に、
一気に個人投資家に対しての銀行融資が厳しくなってきた感があります。
リーマンショックの時と同じく、
銀行が先行きに対して不安を感じて融資を絞ると、
借り入れできず購入者が減るため、投資向け不動産が下落します。
リーマンショック以降、じわじわと不動産価格が上昇し、
ここ数年で特に急上昇しミニバブル化してきた投資向け不動産の価格は、
東京オリンピックを境に下降に転じるのではと言われていましたが、
このスルガ銀行の事件がひとつのきっかけとなって、
もう潮目が変わり始めたと感じています。


注意いただきたいのは、
ここ数年不動産価格が上昇してきていたのは、
投資の対象となっている駅前や中心市街地のアパート用地や、
郊外の中古のアパートなどのことで、
住宅用地はバブル以降、岐阜の95%以上の地域で一貫して横ばいか、
やや下降になっていて岐阜では住宅地はバブル化していません。
ですので住宅用地への影響は限定的だと考えていますから、
住宅をお探しの方はご安心ください。

投資用の不動産を狙っている方は、
今後の市場の動きに特に注意をしたほうが良いかもしれません。

posted by U-kai(とも) at 17:38 | Comment(0) | 日記

2018年09月29日

何事も準備が肝心


賃貸住宅に住み 別に店舗を借りていると かなり毎月の家賃の支払いが高くなるので 
購入した場合の方が 毎月の返済が楽になるし 家賃をこの先ずーと支払っていくのは???
と考えられ 物件探しを兼ねご相談やご来店されるお客様がいらっしゃいます。
ほんと そうですよね。 

店舗付住宅や事務所付住宅など 一定の条件が揃えば 低金利の住宅ローンで借りる事は可能です。
給与所得者以外の自営業者の方は金融機関の融資審査に提出する 確定申告書(過去3期分)、納税証明書(過去3年分)の
ご用意が必要となります。法人事業主も同じで、親族が経営者の場合もふまれます。

物件見学してから 気に入ったから購入したいとなった時、赤字申告では 融資していただけませんので
購入計画は堅く3年前から計画し 進めていくと良いと考えます。
これはと言う物件は早期に申し込みが入る場合が多く それをゲットするには資金計画の準備が肝心です。
結果、準備が整っている方から 購入できてますね。

                  byあいママ

posted by どりげ岐阜スタッフ at 19:16 | Comment(0) | 日記

2018年09月02日

9月と言えば、

弊社、9月が決算月となりますのでバタバタ💦しながら日々業務に取り組んでおります

一年があっという間に過ぎていくので、それだけ忙しい日々充実しているという事で有難いです。


今期も、沢山のお客様、同業者様のお世話になりました

何年か前にご購入頂いたお客様から、ご友人をご紹介頂きご購入のお手伝いをさせて頂いたり、お世話になったお客様の御子息様が新居の為の土地探しでお声掛け頂けたり、今年度は本当に懐かしい・嬉しい再会が多かったです

※O様、初孫という事でわざわざお越し頂き有難う御座いました。お孫様の目元がお爺ちゃんソックリでしたね
 もちろん、お孫様のお手伝いもさせて下さいね


お客様お一人ずつ、売却のご理由・購入のご理由が違います、やはり日々勉強ですね。

それぞれのお客様に終始ご安心してお取引きをして頂けるように、最善を尽くさせて頂いております

また来年度はどんなお客様と出会え、お手伝いさせて頂けるか楽しみにしております


TOKU

posted by どりげ岐阜スタッフ at 10:58 | Comment(0) | 日記

2018年08月13日

住宅ローンご検討の方

マイナス金利が導入後、低金利が当たり前の世の中になっていますが

現在の住宅ローンがどれほど好条件かは、1年以内で住宅ローンをご検討

されている方はあまり知る由はないかと思います。

そもそも住宅ローンは、個人が低金利で巨額な融資を受けられる数少ない商品で

個人向け融資でこれほどの好条件の融資は他にないと思われます。

マイナス金利後はかなりの低金利で尚且つ銀行によりますが金利を少し上乗せ

することにより、手厚い疾病保障も付けることができます。

また、税金の優遇も大きく条件を満たす物件であれば住宅ローン控除も受けること

ができ10年間のキャッシュバックも大きいです。

 住宅ローンの金利はどうやって決まるかですがざっくりですがご説明すると

個人の安定性つまり、年齢、年収、勤続先、勤続年数、結婚の有無、その他借入

状況などの総合的審査で決定されます。

また、以前に比べ銀行審査のハ−ドルは下がっていますが、ローンを検討されている

お客様は直前での大きな金額の買い物(自動車ローン等・クレジットカードの利用等)

はご注意いただいた方が賢明だと思います

                                            巨神兵


posted by どりげ岐阜スタッフ at 11:20 | Comment(0) | 日記

2018年07月22日

早目早目

豪雨の後はカンカン照りの毎日が続きますね。

にしても、先日の豪雨は酷かったですね。事前にニュースになっていましたがあそこまでの降水量になるとは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

不動産業者の立場としては売主様から預からせて頂いている物件の安否が気になって仕方ないもので、実際に私も水がつきそうな物件を現地まで見に行きました。幸い私が確認をしに行った所は何事も無く、実際に被害に遭われた方には不謹慎ではございますが安堵したのを思い出します。

しかしホント保険は大事ですよね。。。今後も被害想定エリアをご購入されるお客様にはハザードマップ等をお見せして、より強く保険の加入を勧める事が我々不動産業者の務めと肝に銘じなければと思います。


そんな前振りとは全く関係ございませんが、自分の業務を振り返って特に多いのが売主様がご高齢のケースです。
本来、売買契約は売主様と買主様立ち会いのもと行うものですが、売主様がご高齢で物理的に立ち会うことが出来なく、事前に老人ホームや病院に、契約の説明及び契約書への記名捺印へ伺う訳です。で、そこで御本人の意思確認がしっかり取れれば良いのですが売主様が判断能力にかける状態になってしまっていたら?判断能力がかけている人に重大な判断は出来兼ねる為、売却なんて出来ません、成年後見人制度を使うか相続後の売却になります。

成年後見人もパッと行ってスッと出来るもんでもないですよ?
何事にもタイミングは有ると思いますが、眠らせているだけの不動産が有るのなら相談だけでも早め早めが大切です。


@サバゲ坊主

posted by どりげ岐阜スタッフ at 21:11 | Comment(0) | 日記

2018年06月23日

☆2019年10月 消費税増税☆

みなさん、こんばんは〜

本日は、いよいよ来年の10月より施行される消費税増税について

皆様ご存知のように、2019年10月より消費税率が10%に増税になる予定です

「消費税」というくらいなので、マイホームに関係があるのか否か・・・ぺしぺし



「マイホーム」とは、土地建物ですね^^


土地は、消費しません。。ので、消費税はかかりません
建物は、消費すると考えますので、消費税がかかります


つまり、土地と建物は、土地には消費税がかからないけれど、建物にはかかります。。。


例えば・・・・5000万円の新築一戸建てを購入したとします

このうち、2000万円が土地代金の場合。3000万円が建物の価格になりますね

この場合の現在の消費税額は、<3000万円×8%=240万円
これが、10%に増税後は、<3000万円×10%=300万円>となり、60万円の差が・・・


・・・・でもこれは、あくまで新築の一戸建てや新築マンションなどの場合


中古の戸建や中古マンションは、個人が売主の場合は消費税はかかりませんが、業者が売主の場合や、リフォームの費用には消費税がかかってきます・・・・・ややこしいですね


その他、消費税がかかるのは、諸費用と言われる部分です


購入時にかかる諸費用で対象になるのは、仲介手数料、住宅ローン事務手数料、登記費用のうち司法書士報酬など

こういったところも、整理しておきたいところですね


あとは。。。時期


工事完了(引渡し)時点の税率となるのですが・・・・

2019年3月31日までに契約したものには、経過措置として、引渡しが2019年の10月以降になっても8%のままで適応されるのです 


仲介の立場で言うと・・・・・所有している土地の売却を検討されている地主様がいらっしゃれば、2019年の3月31日にまでが売出しをする一つの目安になるのではないかと思います


ただ、悪いことばかりでもなく・・・・


8%の増税時に新設された「すまいの給付金」が、今回の10%への増税で給付額が最大50万円まで上がることや、収入限度が510万円以下対象だったものが、775万円以下が目安になるようです

住宅資金として、親や祖父母からの資金援助で発生する贈与税の非課税枠も1200万円から最大3000万円(条件あり)まで上がったり、増税後に購入を検討したほうが増税での負担額が少なくなる方もいるのでは???

こういったご相談も、ぜひぜひ、窓口までお問い合わせくださませ

ではでは〜〜〜

たま

posted by どりげ岐阜スタッフ at 20:44 | Comment(0) | 日記

2018年04月22日

3調とは???

みなさんこんにちは(*^^*)

もうすっかり夏みたいに暑いですね

今日は、不動産業界の右の左も何も分からなかった私がこの4ヶ月で学んだ事を、お話します

私が入社してまず教えてもらったことは、「3調」

3調とは何(?_?)何(?_?)

・役所調査、、、、、、用途地域、道路台帳、上下水道などなど。
・法務局調査、、、、、謄本をとり権利関係の確認。
・現地調査、、、、、、杭の確認、越境などなど。

この3調とは売買をしたあとにお客様がこんな事知らなかった、こんなはずではなかった!!と、ならないために、
不動産を売買するにあたり必要不可欠なものです

こんな責任重要な調査で、何のための調査で、なぜ必要なのか、少しずつ理解していっている日々この頃です

                          by sb


続きを読む

posted by どりげ岐阜スタッフ at 17:24 | Comment(0) | 日記

2018年04月20日

田園住居地域


平成30年4月から田園住居地域という住居系の用途地域が追加されます

用途地域の追加は25年ぶりの追加で、田園住居地域は農業の利便性を図りつつ、これと調和した低層住宅に係る、

良好な住居の環境を保護するために定められる地域です

この制度のもとでは、保全すべき農地が生産緑地として指定され、生産緑地の指定を受けると、農業継続を条件に、

固定資産税を大幅に減免したり、相続税の支払い猶予が受けられたりすることとされていました。

その、生産緑地指定後30年が経過すると、農地の所有者は地元の自治体に農地の買い取りを求めることが出来るようになります。

自治体が買い取らない場合、自治体は他の農家へ斡旋します。それでも買い手がつかない場合、所有者は農地を不動産業者などに、

売ることが可能になります

その30年経過するのが、2022年です

国土交通省によると、2022年に指定の期限を迎える生産緑地は全体の8割とのことであり、多くの所有者が高齢化や税金対策を、

理由に売却を検討していると言われています。

都市部においては、農地が宅地化され、一気に売りに出されるだろうと言われており、これからの、不動産動向が、

ますます、気になりますね     

                                          by sb
続きを読む

posted by どりげ岐阜スタッフ at 10:26 | Comment(0) | 日記